ここから本文です

東京五輪でも“イギリス代表”は実現せず!? 英国3協会が再結成を反対

フットボールチャンネル 8/24(水) 16:03配信

 リオデジャネイロでの大会が閉幕し、4年後に東京での開催を控えるオリンピックだが、再び“イギリス代表”が結成されることはないかもしれない。英紙『タイムズ』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 2012年ロンドン五輪には自国開催ということで40年ぶりに結成されたイギリス代表だが、リオ五輪には男女ともに出場しなかった。

 同紙によれば、東京五輪で8年ぶりに再結成することについて、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの3協会が反対的な姿勢を示しているという。

 そのため、イギリスオリンピック委員会のビル・スウィーニー氏が各協会の代表者と会合を開き、説得に動く構えのようだ。

 一方、イングランド代表のサム・アラダイス監督はリオ五輪にイギリス代表が出場しなかったことを「大きな恥である」と語っており、出場を望んでいる。

フットボールチャンネル

最終更新:8/24(水) 16:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。