ここから本文です

南野&久保、CL出場なるか。運命のプレーオフ第2戦へ。イタリア勢はまたも敗退

フットボールチャンネル 8/24(水) 18:04配信

 現地時間24日、チャンピオンズリーグ(CL)プレーオフ2ndレグの2日目が欧州各地で開催される。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 日本人選手が所属するクラブでは、南野拓実のザルツブルクと久保裕也のヤングボーイズが出場する。ともにCL本大会の出場歴はなく、初出場が懸かる。

 ザルツブルクはディナモ・ザグレブとの1stを1-1で終えており、本大会出場に有利な位置にある。ホームでの2ndレグは勝利すれば文句なし、引き分けの場合はスコアレスドローなら突破となる。ただし、敗戦または2得点以上の引き分けとなった場合は敗退となる。

 一方のヤングボーイズは厳しい立場にある。1stレグはホームでボルシアMGに1-3と大敗したため、2ndレグはアウェイでの勝利が絶対条件。3点差を付けるか、4得点以上を奪って2点差(4-2、5-3など)で勝利しなければならない。

 また、マンチェスター・シティは1stレグでステアウア・ブカレストに5-0で圧勝しており突破はほぼ確実。ホームでの2ndレグは、6失点しない限り敗退することはない。

 23日に行われた1日目では、ポルト、モナコ、ルドゴレツ、レギア・ワルシャワ、セルティックが本大会出場を決めた。

 ローマはホームでの2ndレグでポルトに0-3の大敗を喫し、プレーオフで敗退となった。イタリア勢では直近7年間のプレーオフで6クラブが敗退しており、突破できたのは2013年のミランしかない。

 2010年のサンプドリア、2011年と12年のウディネーゼ、2014年のナポリ、2015年のラツィオはいずれも敗退し、イタリア勢にとってCLプレーオフは鬼門となってしまった。

 CLプレーオフでは突破チームがグループステージからの出場を決め、敗退したチームはヨーロッパリーグのグループステージとへ回る。

フットボールチャンネル

最終更新:8/24(水) 18:15

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革