ここから本文です

「そうくるのか! やられたわ」ついに『BLEACH』完結! ファンも連載陣も久保先生へ熱いメッセージ…

ダ・ヴィンチニュース 8/24(水) 6:30配信

 2016年8月22日(月)に発売された『週刊少年ジャンプ』2016年38号は、8月新連載3連弾の第2弾『ラブラッシュ!』が巻頭カラーで登場。そして、ついに『BLEACH』がセンターカラーで完結! 気になる内容をちょこっとだけレビューしていこう。

 ドタバタロボットエロコメ『E-ROBOT』を昨年まで同誌に連載していた山本亮平の新連載『ラブラッシュ!』は、種族を超えた愛を描くラブコメディ。「子孫を残すために女性を惹きつける」力が強い遺伝子を持つ高校3年生の主人公・白馬レイジは、女性から見ると空前絶後の超イケメンに見えてしまう。そのためいつも大量の女性に追い掛け回されているが、本人は幼馴染の一宮シズクのことだけを一途に想い続けている。しかしレイジが18歳の誕生日を迎える前日、事件がおこる。なんとレイジに恋をしたキューピッド族の王女ココロ=ロコ=ロココが結婚を申し込みに地上にやってきたのだ。なんとかココロを振りほどき、シズクのもとへ向かうレイジだったが、その時ちょうど18歳の誕生日を迎え、世界中の異種族たちがレイジに結婚を申し込みに大集合する――。

 セクシーな描写もありながら、レイジのシズクへの一途な気持ちやココロの情熱などが胸を打つ同作に「おーこれこそラブコメだよな」「モテモテ主人公が一途とかどんな王道だよ、最高です」と、今後の展開への期待が高まっている。次号はセンターカラー大増25ページで登場とのことなので、楽しみに待とう。

 そしてついに最終回を迎えた『BLEACH』。今週はセンターカラーで有終の美を飾る。2001年から約15年にわたり連載を続けた同作は、死神としての力を身に着けた主人公・黒崎一護と悪霊・虚(ホロウ)との戦いを描く物語。テレビアニメや劇場版アニメが公開され、現在73巻まで発売されている単行本は、累計約8,700万部を突破するという超人気作品。

 平和が戻った尸魂界(ソウルソサエティ)の様子を描きつつ、復興区画で10年前のユーハバッハとよく似た霊圧が観測され、不穏な雰囲気を残しつつ終了した前回。そのユーハバッハの最後の力を今週打ち砕いたのは、とっても意外な人物。詳しくは是非同誌でチェックしてほしいが、「完全に想定の範囲外で死角からぶん殴られた気分」「そうくるのか! やられたわ」と意外な結末に読者も盛り上がりを見せているようだ。

 なお、今週号の巻末作者コメントはほとんどの作者が『BLEACH』の久保帯人に向けてのメッセージを書いている。「巻末コメントホント泣ける」「15年だもんな、久保先生ありがとう」「これから何を楽しみにしていけばいいんだよ」と寂しがるファンがやはり多い。2018年には実写映画化も決定しているので、単行本を読み返しつつ楽しみに待つことにしよう。

 そして今週の『ONE PIECE』は、スリラーバーク編で登場した「ローリング海賊団」の船長・ローラの素性がついに明かされる! ローラがナミにビブルカードを渡したときに「ローラ船長のママはスッゲー海賊なんだぜ!!?」というセリフがあったことから様々な憶測を呼んできたローラの母親。前回、ビッグ・マムの元夫がローラの名を口にしたことから「やっぱりビッグ・マムなのか!?」「予想はついていたけどアツいよな」と大盛り上がりだったが、そのビブルカードがついに取り出され、ローラに関する伏線が回収される。

 また、「ビッグ・マム海賊団」の幹部であり懸賞金8億6,000万ベリーという強敵・千手のクラッカーが登場し、「絶対強い!」「千手のクラッカーえぐっww」と、今後のバトルにも期待ができそうだ。

 今週号のもう1つのセンターカラーは『僕のヒーローアカデミア』。先週、ヒーロー仮免許取得試験の会場に到着した緑谷たちだったが、そこに待ち受けていたのは雄英に匹敵する西の難関校、士傑高校の面々。特に、緑谷たちと同じ年の雄英の推薦入試でトップ合格を果たしたのにも関わらず入学を辞退し、士傑に入学した夜嵐イナサの登場に「なんだこいつ、濃いな」「強キャラ感半端ねえ」と期待が膨らんでいた。今週はイレイザーの旧友「Ms.ジョーク」が講師を務める傑物学園高校の面々も登場し、ついに仮免試験が開始される。1,540人の受験者の中から100名のみが通過という厳しい条件のこの試験には、雄英のメンバーには知らされていない恐ろしい慣習が存在した――。

 この展開に「いいねえいいねえそういうの大好きよ」「気になるな。雄英大丈夫なの?」と雄英を心配しつつもワクワクがとまらない読者たち。今後の試験の行方は見逃せない。

 次号には、『ジャンプNEXT!』に読み切り作品『IRON CURTAIN』でデビューし、その後『アイアンナイト』を『週刊少年ジャンプ』に連載していた屋宜知宏の新連載『レッドスプライト』が表紙&巻頭カラーで開始される予定。王道ヒーロー物を得意とする作者の作品ということで、バラエティに富む新連載3連弾がついに出そろう39号は、2016年8月29日(月)発売! 新連載も看板連載陣も見逃せない展開になりそうな次号を、楽しみに待とう。

最終更新:8/24(水) 6:30

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。