ここから本文です

『夏目友人帳』の漫画からアニメまで貴重な原画が勢ぞろい! 「夏目友人帳 大原画展」開催!

ダ・ヴィンチニュース 8/24(水) 11:00配信

 独特の世界観と心温まる作風で人と妖の交流を描き、シリーズ累計発行部数1,100万部を突破するほどの幅広い支持を受ける『夏目友人帳』。今回、原作漫画とテレビアニメの秀麗な原画を楽しめる原画展「夏目友人帳 大原画展 ~原作漫画からアニメーションまで~」が、2016年11月11日(金)~11月23日(水)にかけて西武池袋本店で開催されることが決定した。

 『夏目友人帳』は2003年から連載がスタートし、今年で13年目を迎える。妖怪が見えるという特殊な能力を持つ少年・夏目貴志が、その昔、夏目と同じく強い妖力を持っていた祖母・レイコが、妖怪を子分とする証として書かせた「友人帳」を引き継ぎ、自称用心棒の妖怪・ニャンコ先生と共に、妖怪達にその名を返す日々を描く物語―。

 2008年7月にはアニメ第1期となる「夏目友人帳」の放送がスタートし、以降4期に渡り放送される度にファンを獲得してきた。10月4日(火)からは「夏目友人帳 肆」の放送から約4年の時を経て、5期のスタートを迎える。キャストは夏目貴志役の神谷浩史、ニャンコ先生・斑役の井上和彦といったおなじみの面々が続投し、あの世界観を再現してくれる。

 原画展では、貴重な肉筆原画やアニメ資料を一挙に展示。原作漫画からアニメーションまで、『夏目友人帳』の魅力を余すところなく体感できる。また、読者から募集された『夏目友人帳』の「好きなお話」と「好きなセリフ」トップ10も同展で発表される。9月29日(木)まで応募を受け付けており、応募者の中から抽選で300名に「夏目友人帳大原画展」特製ポストカードがプレゼントされるので、この機会にぜひ自分の好きな話やセリフを投票してみよう。

 さらに、コミックス21巻と『小説・夏目友人帳 たまゆらの家』、花LaLaonlineで連載中の『ニャンコ先生が行く!』のコミックス2巻が、10月5日(水)に3冊同時発売となるので、こちらもお見逃しなく。

■「夏目友人帳 大原画展 ~原作漫画からアニメーションまで~」
期間:2016年11月11日(金)~11月23日(水)
開場時間:10:00~21:00
会場:西武池袋本店 別館2階=西武ギャラリー
入場料:一般800円/大学生・高校生600円/中学生以下無料
※11月13日(日)・20日(日)・23日(水)は20:00閉場
※入場は各日閉場の30分前まで

■テレビアニメ「夏目友人帳 伍」
2016年10月4日(火)放送開始
テレビ東京 毎週火曜日深夜1:35~
テレビ大阪 毎週火曜日深夜1:35~
テレビ愛知 毎週火曜日深夜3:05~
テレビせとうち 毎週火曜日深夜1:40~
テレビ北海道 毎週火曜日深夜1:35~
TVQ九州放送 毎週火曜日深夜2:35~

※掲載内容は変更になる場合があります。

最終更新:8/24(水) 11:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。