ここから本文です

「ギャップが楽しみすぎる!!」福士蒼汰主演で『BLEACH』実写化決定にファンの反応は…?

ダ・ヴィンチニュース 8/24(水) 17:30配信

 2016年8月22日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』38号で堂々の完結を飾った大人気漫画『BLEACH』が、2018年に実写映画化されることが決定した! 『斉木楠雄のΨ難』『銀魂』に続くジャンプの看板マンガ実写化にファンは「おおおお!!! ブリーチも実写化か!!」「福士君の凛々しい死神姿ときめくにきまってんじゃん!!」「あの世界がどう表現されるのかすごく楽しみです!!」と大興奮のようだ。

 『BLEACH』は日本のみならず海外ファンも多く、「一護がどんどん死神の力も一人の人間としても強くなっていくのがとんでもなくかっこいい!」「友情・努力・勝利っていうジャンプの醍醐味がぎっしり詰まってる!」「久保先生のキャラデザと構図が本当に好きでっ…!」とファンを魅了し続けてきた。

 今回実写化される映画「BLEACH」では、15年続いたシリーズの中でもファンに根強い人気を誇り、コミックスでは1巻から8巻に当たる“死神代行編”を中心に物語が描かれる。一護に死神の力を与える代わりに、死神としての力を失ったルキアの仕事であった空座町(からくらちょう)担当死神を代行することになった一護。クラスメートの井上織姫や茶渡泰虎らを襲った虚退治をこなすうちに、死神としての任務をこなせるようになってきたのだが、そんな一護の目の前に、滅却師(クインシー)と名乗り、虚を倒す力を持つクラスメート・石田雨竜や、亡き母の敵である虚・グランドフィッシャーなど強敵たちが現れる――。

 「死神代行編、ほんとに初めの物語だけど最高に面白かったわ~」「ブリーチが始まったころの衝撃は忘れられないなぁ。学校での様子とかが結構描かれてるのもよかった!」「お母さんの話は一護の核だと思ってるから、何回も読み返しちゃう」と人気の高い“死神代行編”だが、中にはすでに「死神代行編やるなら、最後白哉と恋次出して、続! でぜひお願いしたい!」「尸魂界の様子とかでシロちゃんとかギンとか出てこないかな…」「映画公開もしていませんが続編をお願いします! 護廷十三隊そろい踏みをどうしても実写で見たいんです!!」と、“死神代行編”以後に出てくるキャラクターたちの登場を期待している人も多いようだ。

 主演の黒崎一護役を務めるのは、「仮面ライダーフォーゼ」で主人公を務め、「ストロボ・エッジ」「神さまの言うとおり」など、様々な実写化作品に主演し大ヒットを記録している福士蒼汰。2014年には第38回エランドール賞新人賞、2015年には第38回日本アカデミー賞新人賞を受賞し、実力派俳優として乗りに乗っている福士が一護に抜擢されたとあって「これは胸が熱い!!」「甘いマスクの福士君が不良で荒々しいとこもある一護とかギャップが楽しみすぎる!!」「あのでっかい刀でアクションをこなす福士君が見れるとか嬉しい~~」とファンは大喜び。

 福士も「自分が一護となり、死神の代行として、責任を持って演じたいと思います」「15年連載が続いた大人気作品が終わりを迎えたことも感慨深いです。読者としては一護や死神たちの雄姿をまだ見ていたい気もしますが、実写でもその雄姿を感じていただければと思います」とコメント。

 そして、監督には福士と「図書館戦争」シリーズでタッグを組み、「アイアムアヒーロー」や、最新作「デスノート Light up the NEW world」などを手掛ける佐藤信介。「想像力の限りが尽くされたこの世界を、映像の力の限りを尽くして描きます。尸魂界<ソウルソサエティ>、虚<ホロウ>、斬魄刀、そして福士蒼汰が一護として暴れまくる姿、お楽しみに」と、『BLEACH』の世界観の再現に意欲を見せた。

 また原作者である久保帯人からも「映画化です。ボンヤリ浮かんでは、なんやかんやで(主に俺のイチャモンにより)立ち消えていた実写映画が遂に実現することになりました。幸運にも連載完結のタイミングと重なったので、原作者として出来る限り協力して、BLEACHを知らない人にも楽しんでも貰え、BLEACHの読者にも満足して貰えるものに近づける一助になればと思っています」とコメント。さらには、「唯一心配なのは一護の髪色かなー! あの色実写だとヘンだけどどうすんだろなー!」とも。これにはファンたちも「久保先生もやっぱりそう思うのか(笑)」「一護と言えばオレンジ髪だけど、そこをどうするのかは佐藤監督の腕の見せ所だな!」とトレードマークである一護のオレンジ髪をどうするのかにも興味津々のようだ。

 漫画が完結を迎え、寂しいと感じるファンも多いだろうが、映画化される“死神代行編”を読み返しつつ、原作者の久保の協力も得て作られる実写版「BLEACH」を支えに、この「BLEACHロス」を乗り切ってほしい。

■映画「BLEACH」
公開:2018年全国ロードショー
原作:久保帯人
監督:佐藤信介
主演:福士蒼汰
製作:映画「BLEACH」製作委員会
制作プロダクション:シネバザール
配給:ワーナー・ブラザーズ映画

最終更新:8/24(水) 17:30

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。