ここから本文です

どんな場面でも最高のパフォーマンスを発揮するために[本は自己投資! 第3回]

Forbes JAPAN 8/24(水) 19:00配信

リオデジャネイロオリンピックが17日間にわたる熱戦の幕を閉じた。開催中はとかく自国のメダル数に一喜一憂しがちだが、振り返ってみると、やはり心に残っているのは、各競技の選手たちがみせた超一流のパフォーマンスである。



世界が注目する大舞台で最高のパフォーマンスを発揮するのは並大抵のことではない。「千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を練とす」と記したのは宮本武蔵だが(『五輪書』「水之巻」)、素質や才能だけにとどまらない気の遠くなるような修練の時間があったからこそ、あのような一世一代の舞台で、観る者の心を揺さぶるパフォーマンスを生み出せたのだろう。

「だから俺たちみたいな凡人とはそもそもモノが違うんだよなぁ」などとビールジョッキ片手にただ感心しているだけであれば、ここで話は終わりだ。

おそらく五輪期間中に日本中の盛り場でオヤジたちがこの手の会話を交わしていたはずで、私も飲み屋の会話は決して嫌いではないが(むしろ好きだ)、今回したいのはそういう話ではない。私はみなさんにひとつの問いかけをしてみたいのだ。

「あなたも超一流のアスリートと同じようなレベルに達することができるかもしれない」こう言ったら、果たしてあなたは信じるだろうか?

ここで、ある人物を紹介したい。その男の名は、ジョッシュ・ウェイツキン。

1976年にニューヨークに生まれたジョッシュは、6歳の冬に公園で賭けチェスに興じる大人たちを偶然見かけ、すっかりチェスというゲームに魅了されてしまう。

やがて天才チェス少年としてめきめきと頭角を現した彼は、父親が書いた本『ボビー・フィッシャーを探して』が映画化されると全米の注目を集めることになる。(ボビー・フィッシャーはIQ187の頭脳を持つ天才チェスプレイヤー。冷戦時代にソ連の選手を破り世界チャンピオンになった。その数奇な人生は『完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯』に詳しい)

全米ジュニアチェス選手権を制し、世界チェス選手権でもベスト4に進出するなど、華々しい戦績を誇ったジョッシュに転機が訪れたのは、18歳のときだった。『道徳経』との出会いをきっかけに、仏教や道教などの本を貪り読むようになったのだ。

そして22歳でマンハッタンのダウンタウンにある太極拳のスタジオの門を叩く。

1/4ページ

最終更新:8/24(水) 19:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。