ここから本文です

親目線の育成論――幼少期の小林祐希と接して分かったこと

SOCCER DIGEST Web 8/24(水) 11:00配信

U-23日本代表の選手たちはボールと遊んだ時間が足りていない?

 かつてお父さんコーチとして小林祐希と接し、実子がプロ経験者というスポーツライターの加部究氏は、「プロフットボーラーの育て方」をどう考えているのか。実体験を基に、親目線から独自の見解を示してもらった。
(※『サッカーダイジェスト』2016年8月25日号より転載)
 
――◆――◆――
 
 先日ミランサッカースクール千葉・佐倉校で指導を続けているルカ・モネーゼ氏に話を聞く機会があった。日本滞在が4年以上になるので、さすがに日本の育成事情についての見解が実に的を射ていた。
 
「幼稚園までは日本の子もイタリアの子と変わりません。でも小学校に入ると途端にチャレンジをしなくなる。イタリアでは、まだこの年代の子どもたちは、興味を持った難しい技などに挑戦するばかりなのに……」
 
 日本の子どもたちは、チームとして試合をするようになると、コーチの顔色を見て怒られないプレーを優先するようになるのだという。これは「フットボール批評」の取材だったのだが、ちょうど同誌では同じくイタリア人の指導者フランチェスコ・マクリ氏が、U-23日本代表の試合を見て、こんな指摘をしていた。
 
「日本の選手たちは、ボールと一緒に遊んだ時間が足りていないのではないか。日本の若い選手たちが今よりもっと楽しく遊べるようになればプレーの質も変わってくるはずだ」
 
 楽しんでチャレンジしないからアイデアが枯渇し、駆け引きも身に付かないというのだ。同氏は、こんな言葉で原稿を結んでいる。
 
「ディエゴ・マラドーナの言葉を借りるまでもなく、より多くボールと戯れた者が上手くなる。決して走り込みの距離に勝る者ではない」
 
 ふたりのイタリア人が、別々の年代を見て、日本の実情に同じ印象を抱いていたわけだ。
 

リーガで好スタートを切った清武が、「ボールを奪えない。別次元」と舌を巻いた名手とは?

祐希は少し刺激するだけで次々にアイデアが溢れてきた。

 小林祐希のプレーを初めて見たのは、近所の園庭だった。スクール主催の親子サッカーだったが、久々に身体を動かす危なっかしい大人たちの間を堂々とドリブルですり抜け、必ず狙いを完結させていた。
 
 それだけで十分に天賦の才は見て取れたが、こうしたボール扱いを身に付けたエピソードに、また感心した。友だちと虚勢を張り合い「オレなんか、リフティング50回もできるんだぜ」と言い切った。口に出してしまった以上、後には引けないので、隠れて練習をしたのだという。
 
 ちょうど愚息を入れるチームを探していた。祐希が所属する「サンデーSC」に通うのは少々大変だったが、こんな子と一緒にやらせれば良い刺激になるだろうと入会させた。そして実際に練習に行ってみると、教えているのがお父さんコーチだったので、僕も足を突っ込むことになったのだ。
 
 たぶん祐希にとって、サッカーは最高の遊びだった。技量や運動能力がずば抜けているのは言うまでもないが、同時に少し刺激するだけで次々にアイデアが溢れてきた。
 
「ねえ、コーチ。遠くから(ゴールを)決めるのは難しいよね」
 小学校に入りたての子どもだ。別に遠くから決める必要はない。でも諦めることもない。
「あれ? 祐希、リフティング得意だよな」
 祐希が嬉しそうに駆け寄って来たのは、そんな会話を交した直後の試合を終えた時だった。
「ホントに出来たね!」
 
 クロスボールをトラップで浮かせた祐希は、そのままボレーで叩いてミドルシュートを決めたのだ。まだパワーはなくても、浮き球を叩けばボールに勢いがつく。それを即座に実践してしまうのだから、ほのめかした僕のほうが驚いた。
 
 抜け目のなさも群を抜いていた。東京都大会でのことだった。ペナルティエリアのわずかに外で笛が鳴る。危険地帯でFKを与えて、相手チームの小学3年生たちは動揺を隠せない。こんな時は、レフェリーが止めてボールを拾うものだと思っていたはずだ。ところが祐希は、さっさとボールをセットすると、インサイドでコロコロとゴールに流し込んでしまった。
 
 祐希は、誰が見ても突出していたので、スクールの指導者は常にブレーキをかけていた。
 「ひとりでやるな」
「おまえは、そんなところからシュート禁止」
 
 だから僕は、そのブレーキを外した。
「なんでも好きなようにやれよ」
 唯一指示を出したのは、最前線に配したのに、繰り返し最後尾まで守備に走った時だ。
「そこはもう少し任せてもいいんじゃないか」
 
 祐希は別格のスピードで大人への階段を上って行った。特に感受性の成熟度合いが段違いだった。結局小学4年生になるタイミングで「サンデーSC」を去って行くのだが、在籍中に2度号泣している。
 
 最初は2年時に初めて出場した公式戦で優勝した時だった。決勝戦で予想以上に苦戦を強いられ、ようやく勝ち切った時に、他の子が無邪気に喜ぶなかで、たったひとり重圧から解放されて泣いた。
 
 2度目はサンデーの仲間にお別れの挨拶をした時だった。祐希は、自分でいろいろと調べて、将来を見据えて歩む道を決めた。
「悲しいけれど、僕はサッカーでもっと上に行きたいからお別れをします」
 しかし周りの仲間たちは、不思議そうに囁き合っていた。
「オイ、祐希が泣いているぞ……。どうしたんだ」
 
 勝利への責任を背負う。惜別の悲しみを乗り越えて我が道を進む。まだそんな種類の涙があることを知る子は、他にいなかった。
 

1/2ページ

最終更新:8/24(水) 16:02

SOCCER DIGEST Web