ここから本文です

小島慶子のそこじゃない! 年内解散のSMAP「信条の違いもあって当然。同世代として心から応援したい」

週プレNEWS 8/24(水) 10:00配信

年内での解散が決定的と伝えられる国民的アイドルSMAP。

その原因を巡っては年始より様々な説がささやかれているが、その内実は当事者にしかわからないのかもしれない。

タレントでエッセイストの小島慶子が、世間の気になる話題に独自の視点で斬り込む!

* * *

芸能界といっても広くて、事務所やタレントによっていろんな仕事の形があります。

事務所がスカウトして、レッスンをつけて売り込んでと莫大(ばくだい)な投資をして育てたスターもいれば、私のように15年間放送局の社員としてキャリアを築いてからタレント業務に関するマネジメントのみを委託する契約を結ぶケースも。給料制の人もいれば、出来高制の人もいます。

ブラック企業のような実態がある一方でサラリーマンに近い働き方のタレントもいるし、家族的な環境でマイペースに仕事をしている人も。ですから、芸能人同士でも互いの事情はよくわからないのが正直なところです。

SMAP解散の理由にも諸説ありますが、個人的には同世代として心から応援したいです。アイドルといっても、彼らは39歳から44歳の大人。一般的にも、40代といえば社会での立場や実績によって自信がつき、脂が乗る世代。信条の違いもあって当然。そのお年頃になると、同窓会だって楽しいばかりじゃないでしょ?

28年間、多くの人に喜びを与え続けた不朽の功績の先に、彼らがそれぞれにどんな活躍をするのか、大いに期待しています。

●小島慶子(Kojima Keiko)
タレント、エッセイスト。1972年生まれ。1995年TBS入社。アナウンサーとして勤務後、2010年退社。現在は家族の住むオーストラリアと仕事のある東京とを3週間ごとに往復する出稼ぎ生活を送る

最終更新:8/24(水) 10:00

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.50
11月28日(月)発売

定価400円(税込)

トランプと「新イスラム国」が日本の神風に
なる!/年末ジャンボ155売り場へ/最新
スポーツカーが超カッケー【グラビア】内田
理央/忍野さら/水原ゆき/都丸紗也華 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。