ここから本文です

山本耕史さん、パパイヤ鈴木さんが驚いた新型セレナの機能とは?

clicccar 8/24(水) 16:28配信

8月24日から発売された新型セレナ。プレス向けの新車発表会に続き、一般来場者も観覧・参加が可能だったイベントにゲスト出演した俳優の山本耕史さん、パパイヤ鈴木さんが新型セレナに触れ、体感した中で新型セレナの中でいくつもの驚きを披露しました。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



クルマでキャンプに出かけることがあるという山本耕史さんは、新型セレナの荷室の広さをはじめ、ハーフバックドアと通常のバックドアからなるデュアルバックドア、世界初のハンズフリーオートスライドドア(挟み込み防止機能)、2列目に座って足元の広さや3列目に乗降する女性司会者の動きなどを体感。



デュアルバックドアは、上半分が開くため「これなら前にクルマを一度出さなくても出し入れできるし、荷崩れもおきないですね」とコメント。さらに荷室の手前にある物だけでなく、遠くの荷物も取り出しやすいと感心していました。

ハンズフリーオートスライドドアは胸ポケットにインテリジェントキーを入れて実際に山本耕史さんが操作。ボールが転がってきても誤操作しないことを確認したり、パパイヤ鈴木さんにも操作を勧めたりするシーンもありました。





なお、ハンズフリーオートスライドドアは両手がふさがっていても足を出し入れ(ホテルのカードキーを入れて抜くような感覚)することで自動で開閉する機能。



また、山本耕史さが2列目の横スライド機能を使って3列目の乗降スペースを確保。さらに、2列目に山本耕史さんが座ったままでも3列目の乗降が可能な機能(2列目シートのシートベルト内蔵式も体感)。

こちらは、従来ピラー側から出ていたシートベルトを2列目背もたれの肩口に一体化させることで可能としたアイディアで、2列目に座った子どもが寝てしまっていても起こすことなく3列目の乗員が乗り降りできるなど、ミニバンの使い方をよく研究した機能といえそう。そのため、3列目の乗員が操作できるように乗降用スイッチが設けられています。



一方のパパイヤ鈴木さんは、日産の横浜工場からの中継で登場し、試乗レポートを高速道路から中継。オートパイロットの完成度の高さを報告し、一般来場者の方々からも驚きの声が上がっていました。沖縄在住のパパイヤ鈴木さんは、那覇空港まで往復100km運転するそうで、これなら快適に移動できると感心していました。

ほかにもパパイヤ鈴木さんは、6つも用意されているUSBソケットに触れ、運転席前にあるリッドを開けるとUSBソケットがあってスマホを充電できるのがいま時のクルマっぽいですね、と語っていました。



(文/写真 塚田勝弘)

最終更新:8/24(水) 16:28

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)