ここから本文です

糖質オフダイエットの味方ズッキーニ 夏野菜をたっぷり食べる和風マリネレシピ

CREA WEB 8/24(水) 12:01配信

 穀物や野菜を中心とした食事法、マクロビオティック。この連載では旬の食材を使った簡単マクロビレシピを紹介します。オールベジとは思えないしっかりしたおいしさと食べごたえは、週末のブランチや友人の集まるパーティレシピにもぴったり。ストイックになりすぎない「ゆるマクロビ」をはじめましょう。

◆「ズッキーニ」のマクロビレシピ

ズッキーニの和風マリネ

「ズッキーニ」は北アメリカ南部原産の野菜です。皮膚や粘膜を強くし免疫力を高めるβカロテン、代謝を高めるビタミンB群が豊富なので、風邪の予防やダイエットに効果のある食材です。特にむくみの気になる方には、糖質が少なく利尿作用があるため、おすすめです。

 今回はズッキーニをメインに今が旬のナスやトマトなどの夏野菜を合わせ、醤油と昆布出汁をベースにした和風マリネを作ります。

 マリネとは「マリナード」(=フランス語で漬け込む)を語源とし、調味液に浸す料理のこと。ズッキーニやナスなど油と相性の良い野菜を使う場合、調味液をよく浸み込ませるために、ひと手間かけ素揚げをすることが多いのですが、このレシピではオーブンで焼いて油の量を控え、また調理の手間を省きます。

 下ごしらえをオーブンに任せた後は、用意したマリネ液に一晩じっくりと漬け込みます。

 あとは時間がおいしくしてくれるのを待ちましょう。

 昆布出汁の旨みが浸み込んだ夏野菜のマリネにお好みの薬味を添えれば、食卓に涼を呼びこむ一皿の完成です。

旬の食材/「ズッキーニ」の詳細

「ズッキーニ」のマクロビレシピ

■材料(4人分)
・ズッキーニ:1本
・ナス:1本
・トマト:1個
・エリンギ:1本
・太白ごま油:適量
・昆布出汁:100cc
・醤油:大さじ1
・甜菜糖:大さじ1
・自然塩:小さじ1/4
・大葉:1~2枚
・大根おろし:適宜

■作り方
(1) ズッキーニ、ナス、トマトはそれぞれ7~8ミリ、エリンギは1センチ幅にカットする。
(2) ズッキーニ、ナス、エリンギを、オーブンシートを敷いたオーブン皿に並べ、太白ごま油を刷毛などを使って薄く塗る。
(3) 220℃に予熱を入れたオーブンで10分程度焼き色が着くまで焼く。
(4) 焼きあがったら自然塩をふり、しばらくおく。

(5) 鍋に昆布出汁と甜菜糖、自然塩を加えてひと煮立ちさせ、甜菜糖と塩を溶かしたあと、火を止めて醤油を加え、マリネ液を作る。
(6) ボウルにトマト、グリルしたズッキーニ、ナス、エリンギを入れて、マリネ液を加えて冷蔵庫で冷やし、一晩おく。

(7) 器に盛り付け、大根おろし、刻んだ大葉をのせて完成。

※仕上げに、生姜や茗荷などをのせてもおいしい。
※ミニトマトを使う場合は、湯剥きすると味がよく馴染む。

1/2ページ

最終更新:8/24(水) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか