ここから本文です

グリル、ロースト、ソテー、ポワレ これって何が違うの?

NEWS ポストセブン 8/25(木) 7:00配信

 レストランで肉や魚料理のメニューでよく目にするのが、ロースト、グリル、ソテーなど、食材の焼き方の名前。それらがどう違うのか、性格に把握している人はどれくらいいるだろうか? そこで、知っていそうで知らない料理用語の意味を紹介する。

【グリル】
 食材を網や鉄板の上にのせ、火で直接加熱する調理法。ガスコンロに鉄板をのせて焼くのはもちろん、炭火焼きや焼肉、焼き鳥、BBQもグリルだ。食材を串刺しにして、直火で焼く方法をグリルということもある。

【ロースト】
 ブロック肉や厚みのある食材を、オーブンで焼く間接加熱調理法。ローストビーフの場合は、表面にサッと焼き色をつけてからオーブンに入れ、ゆっくり時間をかけて加熱する。

【ソテー】
 フライパンに少量の油をしいて熱し、食材を一気に加熱する調理法のこと。火が通りやすいように、薄めに切った食材を使う。魚の切り身などは皮目から焼く。炒めものもソテーに含まれる。

【ポワレ】
 フライパンをポワレ鍋と呼んでいたことに由来。フライパンを動かさず、油をしいて肉や魚などを蒸し焼きにする。フランス料理の調理法で、油や肉汁をスプーンなどでかけながらこんがり焼き上げる。

【ピカタ】
 イタリア料理の1つ。仔牛肉や豚肉を薄切りにし、塩、こしょうをして小麦粉をまぶし、粉チーズと溶き卵を混ぜ合わせた卵液につけて焼く。ズッキーニなどの野菜をピカタにすることも。

【ムニエル】
 魚に塩、こしょうをまぶして下味をつけ、両面に小麦粉を薄くまぶし、多めのバターでこんがりと焼く調理法。小麦粉をまぶすことで素材のうまみを閉じ込めることができる。

※女性セブン2016年9月8日号

最終更新:8/25(木) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。