ここから本文です

光の回廊に幻惑!圧巻の夜景も…京都・新名所5選

R25 8/25(木) 7:00配信

古都・京都めぐりといえば、初めに思いつくのは寺社仏閣。清水の舞台の迫力に圧倒され、金色にきらめく金閣寺に目を奪われ、わびさびの銀閣に癒され、天龍寺の曹源池で日本の美を知る――。と、もちろんそんな定番の京都観光もいいけれど、京都の魅力は寺社仏閣だけじゃない! ここ数年、京都には新しいスポットが続々と誕生しており、多くの観光客の注目を集めているのだ。そこで、一味違う京の魅力に触れられる最新スポットを紹介しよう。

●1)京都鉄道博物館

梅小路蒸気機関車館を引き継いで、この春グランドオープンした“古都の鉄博”。SLから新幹線、現役を引退したばかりの寝台列車「トワイライトエクスプレス」の客車・機関車などが展示されている。最大の魅力は“体験型”の展示が多いこと。運転士・車掌気分を堪能するならぜひ!

所在地:京都市下京区観喜寺町
入館料:一般1200円、大学生・高校生1000円、小中学生500円、幼児200円
営業時間:10:00~17:30 休館日:毎週水曜及び年末年始
URL:http://www.kyotorailwaymuseum.jp/

●2)キモノフォレスト

嵐山の玄関口・京福電鉄嵐山本線、通称“嵐電”嵐山駅の構内を華やかに彩る“京友禅の光の小道”がこちら。高さ2mのポール状にした京友禅の生地が約600本ずらりと並ぶ。夜になるとポール内部のLEDが点灯し、まさに“京友禅の光林”に。駅構内は改札口がなく、嵐電利用者でなくても散策できるのも嬉しい限り。

所在地:京福電鉄(嵐山線)嵐山本線・嵐山駅
営業時間:9:00~20:00(冬季変更あり) 
URL:http://www.kyotoarashiyama.jp/

●3)京都BAL

長年、京都・河原町を代表するファッションビルとして親しまれてきた京都BALが昨年夏にリニューアル。最上階、1500平方メートル以上を占めるセレクトショップ「ロンハーマン」や京都初お目見えの家具・インテリアショップ「THE CONRAN SHOP」などが出店する。フロアの各所にソファが置かれるなど、くつろぎながらショッピングが楽しめるのも特徴だ。

所在地:京都府京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251
営業時間:11:00~20:00(ハワイアン アイランズ コーヒーは10:30から、丸善は21:00まで)
URL:http://www.bal-bldg.com/kyoto/

●4)京都モダンテラス

1960年に建てられた日本のモダニズム建築の代表格「京都会館」が生まれ変わって誕生した「ロームシアター京都」2階にオープンしたカフェ&レストラン。京都の四季や文化を取り入れたグルメが味わえる。素材の持ち味を引き出す薪焼きグリルをはじめ、和洋取り混ぜた京都らしいメニューが朝・昼・晩と楽しめる。

所在地:京都府京都市左京区岡崎最勝寺町13 ロームシアター京都 パークプラザ2階
営業時間:8:00~23:00
URL:http://www.kyotomodernterrace.com

●5)将軍塚青龍殿

京都随一の夜景スポットとして知られる将軍塚に、2014年秋に登場したのが「青龍殿」。清水の舞台の4.6倍という広さの板敷きの展望台が山腹にせり出し、比叡山から京都御所、京都市街地まで京の街が一望できる。桜と紅葉の季節のライトアップ期間には夜景も楽しめる。

所在地:京都府京都市山科区厨子奥花鳥町28
拝観料:大人500円、中高生400円、小学生200円
拝観時間:9:00~17:00
URL:http://www.shogunzuka.com/

いかがだろうか。2000年の伝統が今に息づく京の街に生まれた新しい観光スポット。これらをプランに組み込めば、京都旅行がますます楽しくなること間違いなし!
(鼠入昌史/Office Ti+)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/25(木) 19:01

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。