ここから本文です

岡田将生、生田斗真にいじられて 「やめろ、キャラ作ってるんだから」

エンタメOVO 8/25(木) 20:29配信

 8月6日に公開された映画『秘密 THE TOP SECRET』の公開記念舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の生田斗真、岡田将生のほか、大友啓史監督が登壇した。

 犯罪捜査を行う科学警察研究所法医第九研究室、通称「第九」の活躍を描くこの作品。天才的な頭脳を持ちながら、心にトラウマを抱える「第九」の室長の薪を生田が、新人捜査官の青木を岡田が演じた。

 すでに45万人を動員しているこの映画について、生田は、「軽い気持ちで劇場に足を運んだら重いものを背負ってしまった、という声も届いている。しめしめという感じ(笑)」と、その反響を語った。また、この映画が記念すべき10作目の主演映画ということについては、「特に意識はしていない」としつつも、「常にチャレンジしていきたいと思っている。このタイミングでMr.チャレンジの大友監督と出会えたのはよかった」と語り、大友監督を笑わせた。

 また、15日に誕生日を迎えた岡田は、「どの仕事もチャレンジだと思っている。これからも攻めていきたい」と真面目にコメントしたが、生田から「プライベートはどうなっているんですか?」とチャチャを入れられ、「やめろ、キャラ作ってるんだから。(今日は)こういうクールキャラでいこうと思ってたの」と打ち明け、会場の笑いを誘った。

 また、ツイッターで寄せられた「この夏アツかったこと」という質問には、岡田が「サマーソニックに行きました」と答えると、生田も「僕はサタニックカーニバルに行きました。めっちゃよかったですね」と、2人ともフェスの夏だったことを明かした。

 最後に、この作品が14の地域で公開されることが知らされ、生田は、「皆さん、自分が何を思ったのか、何を感じたのか、語り合いながら楽しんでほしい」とPRした。

最終更新:8/25(木) 20:29

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。