ここから本文です

SKE48山内鈴蘭が身近なライバルについて語る

Smartザテレビジョン 8/25(木) 7:00配信

9月15日(木)に開幕する、今季メジャー最終戦となる「LPGA女子ゴルフツアー2016 エビアン・チャンピオンシップ」がWOWOWで生放送される。

【写真を見る】収録後の取材会で、山内は同じグループのライバルについて語った

これに先立ち、9月3日(土)には大会の初日ゲストに決定した関根勤と、ゴルフが特技でさまざまなゴルフ番組にも出演しているSKE48・山内鈴蘭が大会の見どころや注目選手などを紹介する「LPGA女子ゴルフツアー観戦ナビ エビアン・チャンピオンシップ スペシャル」(夜9:00-9:10、WOWOWライブ)が放送される。

先日、同番組の収録と、収録後の関根と山内の取材会が行われ、関根は「僕はLPGAの大ファンで、その面白さを鈴蘭ちゃんに教えられたのがうれしかったです。LPGAを見てはまれば、ゴルフがまたうまくなるんじゃないかな」と収録の感想を語った。

すると、山内も「海外の選手のことを全然知らなかったんですけど、たくさん教えていただきました。これからは世界の強い選手の活躍を見ながら、うまいところを盗んで自分の技術に変えられたらなと思いました」と得るものの多い収録だった様子をうかがわせた。

さらに、関根はLPGAの魅力を聞かれると、「ゴルフを真剣にやっている姿。だから、LPGAも好きなんですけどアマチュアの大会も好きなんですよ。自分がプレーするからその大変さが分かるんですよね。そういう意味では、自分がプレーしたことがあるからこそ分かる魅力があります。それと最近のLPGAはきれいな選手が多いですよね。やっぱり男性ですから(笑)、きれいな女性がきれいなスイングをするというのが、見ていていいですよね」と回答。

また、アイドルとして活動する山内に、周囲にゴルフのことを話す相手はいるのかという質問が出ると、山内は「(SKEに)後藤楽々ちゃんっていう、グアムとかでもゴルフをしていたうまい子がいるんです。その子は私を見て『鈴蘭さんと対決したい』ってSKEに入ってきてくれたらしくて。ゴルフの会話ができるメンバーがなかなかいなかったので、切磋琢磨できるいいライバルができてうれしいです」と身近なライバルの存在を明かした。

最終更新:8/25(木) 7:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。