ここから本文です

元ヤン 赤子のために「四六死苦」刺繍のロンパース購入計画

NEWS ポストセブン 8/25(木) 16:00配信

 学生時代にヤンキーだった人は、いつまでもそのスピリットを忘れないというが、周囲にしてみれば困ることも。神奈川県に住む女性Mさん(32才)は、トラックドライバーの夫(25才)と結婚4年目。その夫が元ヤンなのだという…。

 * * *
 元ヤンは、出会った時からわかっていたこと。今でもお腹が空くと、家まで待てなくてコンビニの前でカップ麺を食べようとするし、車を買うとなると、シーマやセドリック、グロリアなど、いわゆる“ヤン車”を買いたがる。それでもバカみたいに真っ直ぐで男気溢れていて、いいとこもたくさんあるのよ。

 で、ただいま妊娠8か月。ダンナの喜びようといったらなくて、生まれてくる子供の名前をどうしようかって、そればっかりなの。

「男だったら騎士(ないと)、王子(きんぐ)、月(らいと)。女だったら音符(どれみ)か、愛琳純(ありす)。星空(てぃあら)も、羽亜都(はあと)もいいよなぁ」

 いちいち金釘のような文字をカッキリカッキリと書いて、私に見せるんだよね。

 極めつきは、「男が生まれたら、これを作りたい」と“誕生! 四六死苦!”の刺繍の入った黒のロンパースのパンフレットを突き出したのよ。「男は気合だから」と言われれば、「たしかに」と答えているけど、買ったらタダじゃおかないわ。

※女性セブン2016年9月8日号

最終更新:8/25(木) 16:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。