ここから本文です

岩合光昭の“ねこ”グッズが郵便局限定で登場!

東京ウォーカー 8/25(木) 7:00配信

猫好きにはおなじみの動物写真家・岩合光昭の写真展「ねこ」が来場累計100万人を突破。これを記念して、彼が撮影した“ねこ”のグッズやフレーム付き切手セットが、8月26日(金)から郵便局限定で発売される。

【写真を見る】人気カメラマン岩合光昭がとらえた猫たちの表情に釘付け!

岩合光昭は、1950年東京生まれの動物写真家。40年以上写真を撮り続け、ナショナルジオグラフィック誌の表紙を2度飾るなど、全世界で高く評価されている。中でも、国内外を問わずに撮り続けてきた猫たちの写真は、幅広い世代から注目を集め、NHK BSプレミアムの人気番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」も2013年からレギュラー放送中だ。

今回、全国約6000の郵便局で販売される「岩合光昭のねこ」グッズでは、書籍や写真展でも人気の白猫の「にゃんきっちゃん」をはじめ、長崎県福江町の「仲良し猫とパグ犬」など、思わずニンマリしてしまう姿が映し出されている。

通帳ケース(550円)は使うのが楽しくなりそうな2種類。通帳2冊、カード4枚分が収納できる。ほかにも、スマートフォンやコンパクトデジタルカメラなど大切な小物を入れるのにぴったりなマイクロファイバー巾着(590円)、A3サイズの書類も広げて収納できるWクリアファイル2枚セット(550円)と、かわいくて便利なものばかり。どれを買うか迷ってしまいそうなラインナップだ。

また、全国100の郵便局では、「オリジナルフレーム切手セット『みつめる』~岩合光昭ネコ便り~」(2000円)を発売する。岩合が旅先で出会った世界中の猫たちが、小さな瞳でカメラを見つめた切手は、大切にコレクションするものよし、大切な人への手紙に使うのもよし。送られた人も、愛らしい猫たちの表情に気持ちがほっこりすること間違いなしだ。

時に甘え、時に姿を消し、時に無防備な姿を見せる、自由で誇り高い猫たち。今回発売される猫たちのグッズは、いずれも郵便局でしか手に入らない数量限定品のため、なくなり次第終了となる。猫ブーム真っ只中の今。猫たちが郵便局から姿を消す前に、早めにゲットしたほうが良さそうだ。【東京ウォーカー/鈴木菜保美】

最終更新:8/25(木) 7:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。