ここから本文です

田中将大連投や野人・岡野起用の意外な真実

Smartザテレビジョン 8/25(木) 12:00配信

8月27日(土)夜9時よりスポーツドキュメンタリー「神様に選ばれた試合」(テレビ朝日系)が放送される。

【写真を見る】日本中に歓喜をもたらした舞台裏とは?

これまで「延長17回の激闘 PL学園vs横浜」、「ボウリング中山律子テレビ初パーフェクトゲーム」など、日本中に感動を与えたスポーツの名勝負・名場面を、アーカイブ映像と独自取材でひもといてきた同番組。

4度目の放送となる今回は、プロ野球から「'13年日本シリーズ第7戦 楽天vs巨人」での田中将大投手の連投を取り上げ、星野仙一監督、田中投手にインタビュー。さらに、日本サッカー初のワールドカップ出場を決めた'97年“ジョホールバルの歓喜”での岡田武史監督の采配をクローズアップする。

'13年プロ野球日本シリーズで、球団創設初の日本一に王手をかけた楽天イーグルス。星野は第6戦に、シーズン24勝0敗1セーブと驚異的な成績を残したエース・田中投手を先発させるも、まさかの敗戦。逆王手をかけられ、第7戦へもつれ込む。

第7戦の試合前、星野はピッチングコーチから「田中がベンチに入りたいと言っている」と話を受けるも、前日160球を投げたエースのベンチ入りなど考えてもおらず、即座に却下したという。

しかし、ピッチングコーチからのたびたびの進言で、スタンバイさせることを決意する星野。そして、7回にベンチ裏で初めて田中投手と会話。「田中を使うつもりはなかったんです」と振り返る星野は、迷いながらも最終回3点リードの場面で田中投手を起用し、見事日本一の瞬間を迎える。

だが、田中投手は今回の取材に「ベンチに入りたい、投げたいと志願しなかった」と明言。あの日、星野、田中投手、ピッチングコーチでどんなやりとりがあったのか、番組では「エース田中の連投」の真実に迫る。

一方、'97年、翌年のフランスW杯出場を懸け、マレーシア・ジョホールバルで行われるイランとの一発勝負に臨んだサッカー日本代表。試合は中山雅史のゴールで先制するも、後半に2ゴールを浴びイランに逆転される苦しい展開に。

そんな中、後半18分、岡田は2トップの中山と三浦知良を同時にベンチに下げる選択をする。「最初は城(彰二)を入れようと呼びに行ったときに『ちょっと待て』と思った」と語る岡田は、なぜエース・カズを含め2トップ総入れ替えを決断したのか、真実を解き明かす。

その後、交代出場した城のゴールで追いついた日本。延長戦に突入し、ベンチにはここまで最終予選未出場の俊足フォワード・岡野雅行が控えていた。「延長戦に向けてね、ものすごく悩んでいたんだ、考えていたんだよ。あと1枚交代カードが残っていた。でも、今までそんなに監督経験が無いから、このカードを使うかどうか」

その岡田に声を掛けたのが、若き司令塔・中田英寿だった。「俺が迷っているときに彼が言ってくれたんだよね。それで、『よし! それなら行こう』と」と岡田の背中を押した中田の一言が、今明かされる。

最終更新:8/25(木) 12:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。