ここから本文です

“うめきた”に2つの滝が流れる庭園が期間限定で登場

東京ウォーカー 2016/8/25(木) 17:00配信

JR大阪駅の北側にある“うめきた”に、花と緑に囲まれた広大な庭園「うめきたガーデン」が、この10月から2017年3月の期間限定でオープンする。

【写真を見る】エリザベス女王から“緑の魔術師”と呼ばれる石原和幸氏

多くの人々で賑わう、うめきた1期地区のグランフロント大阪に続き、現在開発がすすんでいる、うめきた2期地区。うめきたガーデンは、このうちの約7500平方メートルもの敷地面積を誇る、A地区に整備される。

メインガーデナーには、英国チェルシーフラワーショーで5年連続ゴールドメダルを受賞した他、今年の大会ではプレジデント賞(全出展作品の最高賞)も受賞するなど、世界一の庭園デザイナーの呼び声も高い石原和幸氏を起用。

“未来の大阪”をテーマに、2つの滝が流れるなど、緑と水が一体化した、幅30mのメインガーデンが登場。さらに、2016年英国チェルシーフラワーショーで最高賞を受賞した“千里千庭ガレージガーデン”を、うめきた仕様にアレンジした“ガレージガーデン”、そして、市民に参加してもらい花を植える“みんなの花畑”など、都会のど真ん中にいるとは思えない、緑と花で埋め尽くされた癒しの空間が広がる。

また、食のイベントなどを随時開催するイベント広場も設け、様々な世代の人々が楽しめる憩いの場ともなるので、同施設のオープンを期待して待とう!【関西ウォーカー編集部/石川貴大】

最終更新:2016/8/31(水) 14:29

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

トキメキの、いちご。
いちご狩り&いちごスイーツ
2017東京ショコラ最前線
東北応援みちのくWalker

天皇陛下の退位 専門家の提言

天皇陛下の退位をめぐり政府が設けた有識者会議は年明けにも、論点整理を取りまとめる。
憲法や皇室問題に詳しい専門家の提言とは。