ここから本文です

“うめきた”に2つの滝が流れる庭園が期間限定で登場

東京ウォーカー 8/25(木) 17:00配信

JR大阪駅の北側にある“うめきた”に、花と緑に囲まれた広大な庭園「うめきたガーデン」が、この10月から2017年3月の期間限定でオープンする。

【写真を見る】エリザベス女王から“緑の魔術師”と呼ばれる石原和幸氏

多くの人々で賑わう、うめきた1期地区のグランフロント大阪に続き、現在開発がすすんでいる、うめきた2期地区。うめきたガーデンは、このうちの約7500平方メートルもの敷地面積を誇る、A地区に整備される。

メインガーデナーには、英国チェルシーフラワーショーで5年連続ゴールドメダルを受賞した他、今年の大会ではプレジデント賞(全出展作品の最高賞)も受賞するなど、世界一の庭園デザイナーの呼び声も高い石原和幸氏を起用。

“未来の大阪”をテーマに、2つの滝が流れるなど、緑と水が一体化した、幅30mのメインガーデンが登場。さらに、2016年英国チェルシーフラワーショーで最高賞を受賞した“千里千庭ガレージガーデン”を、うめきた仕様にアレンジした“ガレージガーデン”、そして、市民に参加してもらい花を植える“みんなの花畑”など、都会のど真ん中にいるとは思えない、緑と花で埋め尽くされた癒しの空間が広がる。

また、食のイベントなどを随時開催するイベント広場も設け、様々な世代の人々が楽しめる憩いの場ともなるので、同施設のオープンを期待して待とう!【関西ウォーカー編集部/石川貴大】

最終更新:8/31(水) 14:29

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。