ここから本文です

杉田智和が語る「クラシカロイド」のサブリミナル効果

Smartザテレビジョン 8/25(木) 18:19配信

NHK Eテレで、10月8日(土)よりスタートするアニメ「クラシカロイド」(昼5:30-5:55)の試写会が行われ、藤田陽一監督をはじめ、ベートーヴェン役の杉田智和、モーツァルト役の梶裕貴が登壇した。

【写真を見る】突如現れたベートーヴェンとモーツァルトは、歌苗の家に居候することになる

同番組は、音楽で町おこしをする地方都市に住む高校生・歌苗(かなえ)と奏助(そうすけ)の前に、突如ベートーヴェンとモーツァルトが現れることから始まるコメディーアニメ。

“クラシカロイド”と名乗るこの2人が奏でる音楽“ムジーク”には奇妙な力があり、星が降ったり、巨大ロボが現れたりの大騒動が繰り広げられる。

杉田は、「ベートーヴェンというキャラクターに声をあてる前、『じゃじゃじゃじゃーん』という皆さんがよく耳にするであろう『運命』を、アフレコ現場の音響監督の前で口走ったところ『そういう面白くしようとするのいらないから』と言われ、演技の方向性が固まりました」と、ベートーヴェンというキャラを演じる上でヒントになったエピソードを明かした。

梶は、「アフレコは結構先まで進んでいるので、1話の内容に触れるのは久しぶりでした。もっともっとふざけていく作品です。そんな中に感動する話があったり、言い方は悪いですが“くだらな過ぎるエピソード”もあったりします(笑)」と、どたばたコメディーが展開される作品の魅力を語った。

また、劇中ではベートーヴェンがギョーザを美しく焼き上げることに情熱を注いでいるシーンが多く登場する。

そのことに対し、杉田は「収録が終わった後に島崎信長が、『ギョーザ食べたい』と言っていたのですが、作品のサブリミナル効果が出ているのかな」と考えを巡らせると、梶は「やっぱりサブリミナル効果でしょうか。信長君に誘われて、小松未可子さんと共にギョーザを食べに行きました」と、収録後の思い出を告白した。

最終更新:8/25(木) 18:19

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。