ここから本文です

のり増量!コク深い「のり塩ポテチ」が秋おやつを豊かに

東京ウォーカー 8/25(木) 21:00配信

ホームパーティの定番コイケヤの「ポテトチップス のり塩」が、期間限定で濃く・深くなって登場する。その名も「ポテトチップス 濃く深いのり塩」(9月5日発売)。

【写真を見る】左の

「ポテトチップス のり塩」は50年以上の歴史を重ねるロングセラー。この定番の「のり塩」をベースに、青のり・あおさ・焼のりと個性の異なる3種類をプラス。それぞれののりの特徴を生かし磯の香り広がる濃厚なのり風味に。さらに塩にもこだわり、海藻のうまみ成分を含んだ淡路島の藻塩を使用し、コクのある味わいを実現したという。

牛乳や麦茶はもちろん、ビールや焼酎にも合いそうな深みのある秋ポテチとして、おやつ、おつまみ、ホームパティ要員など幅広く楽しめそうだ。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ

最終更新:8/25(木) 21:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。