ここから本文です

中村勘九郎が家族を語る「父のプライベートはマネしたくない!」

Smartザテレビジョン 8/25(木) 21:08配信

8月24日放送の「TOKIO×(トキオカケル)」(フジ系)に歌舞伎俳優の中村勘九郎が出演し、テレビ初告白エピソードの数々を披露した。

TOKIOのメンバーから素朴な疑問の数々をぶつけられた勘九郎は、歌舞伎の裏側やプライベートの話を「NGなし」で語った。城島茂が「お年玉どのくらいもらった?」と尋ねると、「当時、一番多かったとき(小学5、6年生で)たぶん30万円くらい」と勘九郎。松岡昌宏は「小学校5、6年の30万て今のおれたちの300万以上だよ!」と驚がく。しかも使い道は「タクシー代です。弟(中村七之助)もなんです、面倒くさかったんですよ歩くのが」と、小学校からの帰宅にタクシーを使っていたという過去を明かした。

「歌舞伎は継がなくても全然OK」という意外な真実を語った勘九郎。自分の長男・七緒八(なおや)くんと次男・哲之(のりゆき)くんが、来年2017年2月に歌舞伎座で初舞台を踏むことが決まり、現在は「ま~嫌ですね。自分のこと以上に嫌です」と気が気じゃない心境を語った。将来息子たちには、自分が亡き父の勘三郎にかつて言われたように「(歌舞伎の道を選ぶかの)選択はさせてあげないといけないなと思います」と父の顔を見せた。

尊敬する父・勘三郎の話になると、勘九郎は「プライベートは、ま~マネしたくない。頭おかしいですからね」と苦笑。父がサウナでかいた汗を溜めていたので、何をするのかと尋ねたら「オレの汗で塩作って、お前らに食わそうと思って」と言われた仰天エピソードでTOKIOを笑わせた。

最終更新:8/25(木) 21:08

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。