ここから本文です

“SMAPに紅白出てほしくない”派は「楽しんでいない彼らを見るのは辛すぎる」

週刊女性PRIME 8/25(木) 5:06配信

 8月14日未明のSMAP解散の報を受け、『週刊女性PRIME』では「SMAP解散アンケート」を行った。実施期間は8月16日~19日、有効回答者数8140人。

そのなかで、『紅白歌合戦』に“出場してほしい”と答えたのが74.65%(6081人)、“出場してほしくない”と答えたのが25.25%(2059人)。

 “出場してほしくない”派の意見で一番多かったのは、”ギクシャクしたメンバーを見たくない”という声。ファンがメンバーを思う気持ちがうかがい知れる。

「メンバーが楽しんでいるとは思えないので、そんなSMAPが見ていられない」(50代・自営業・女性)

「最後にパフォーマンスを見届けたいというのが正直なところですが、この状況で『紅白歌合戦』という大舞台に立たなければならない彼らの気持ちを考えると辛すぎるので、あまり期待はしたくありません。

(中略)5人で出られないからSMAPが解散するのですから、割り切って無理してのパフォーマンスなんて、見たくないです。また落ち着いたら、5人そろってステージに上がる日が来ることを、ずっとずっと願っていきます」(20代・会社員・女性)

「結局、雰囲気の悪い瞬間を見せられて終わるなら出ないほうがいいし、楽しくできるなら、解散の意味はない。どちらに転んでもいい気持ちにはなれないから」(30代・会社員・女性)

「今の5人が歌う姿を見るのは、辛い。やはりファンは5人を見て、楽しみたいし、癒されたい。こうなってしまった5人にはファンに、何も届けることはできないと思う」(40代・会社員・女性)

『紅白歌合戦』はSMAPだけのための場所ではない

「『紅白歌合戦』は、SMAPのためだけにあるものではないです。でも、出場するとなれば、注目はすべてSMAPにいくでしょう。それは、他のアーティストさんが目指す番組の、本来の姿を失ってしまう。ファン心理としても、解散を前提に出場するのを、見るのは辛いです」(30代・会社員・女性)

「『紅白歌合戦』はさまざまな歌手の方たちが出る番組。それを自分たちの最後の場として選ぶような、私物化するようなことをSMAPは絶対に望まないから。もし出たとしても事務所に強制的に出さされたと解釈します」(30代・主婦・女性)

 『紅白歌合戦』ではなく、ファンへ向けたライブや、『SMAP×SMAP』で最後の姿を希望する声も。

「『紅白歌合戦』に出られる関係性なら、ファンが直接ふれあえる場所を用意してほしい。ファンとの距離は保つが、『紅白歌合戦』には出るというのはあまりにも都合がよすぎる」(30代・会社員・女性)

「気持ちがバラバラなSMAPは公な場には出なくてもいいと思う。ただ、ファンにだけは何かしら感謝とお詫びの気持ちを直接伝えてほしい」(40代・主婦)

「信頼関係が壊れて解散するなら、ギクシャクした関係のまま無理して笑顔を作ってまで出場してほしくない 。可哀想です。どうせなら『紅白歌合戦』じゃなく『SMAP×SMAP』で飾らない、そのまんまの5人を最後に見せてほしいし話してほしい」(40代・パート・女性)

1/2ページ

最終更新:8/25(木) 5:06

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ