ここから本文です

「ロックコープス」、ボランティアすればライブ無料参加

オルタナ 8/25(木) 10:05配信

音楽を通じて社会貢献活動を広める米国生まれの音楽イベント 「RockCorps(ロックコープス)」が今年も日本にやってくる。4時間 のボランティアで、大物ミュージシャンのライブに無料参加できる仕組みで、すでに10カ国で展開している。日本では東日本大震災の復興活動支援などを予定し、9月3日に福島県で開くライブには、カーリー・レイ・ジェプセンやHYなど国内外の有名アーティストが参加する。(寺町 幸枝)

「音楽」の力を使い、「企業」と「地域社会」と「人々」を繋いで社会貢献「RockCorps(ロックコープス)」。2005年に誕生以来、これまでに世界10か国で約16万人以上、合計60万時間以上のボランティア活動を創出してきた。

その仕組みはシンプルだ。「RockCorps」が予定する社会貢献プログラムにボランティアとして参加することで、企業がスポンサーする大物ミュージシャンが参加するRockCorpsのセレブレーションのチケットを手に入れられるというもの。過去にはレディー・ガガやリアーナなど世界的に超人気アーティストが出演してきたことで注目を浴び、この活動は世界規模で広がった。

日本では2014年に初上陸以来、今年で3年連続開催されている。最大の特徴は「アーティスト自身もボランティア活動に参加する」こと。昨年はPUFFYが写真洗浄ボランティアに参加した。アーティストと、イベントの参加者が同じ思いを持って行動をとることも、「RockCorps supported by JT」の魅力の一つだ。

続きはこちら
http://www.sustainablebrands.jp/article/story/detail/1188123_1534.html

最終更新:8/25(木) 12:46

オルタナ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「持続不可能」な漁業との決別
なぜ待てない? 資源の回復に必要な「我慢」
違法漁業や人権侵害、高まる企業リスク
ビジネスで追及する「真の美しさ」とは

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。