ここから本文です

社会人日本代表、国際親善大会で初優勝。慣れない環境に苦戦も勝負強さを発揮

ベースボールチャンネル 8/25(木) 6:50配信

制球力の高さを見せつけた日本代表投手陣

 都市対抗を終えた社会人野球は、日本代表を編成してカナダ西部のプリンスジョージへ遠征。8月12日から9日間にわたって開催された『World Baseball Challenge 2016』という国際親善大会に出場した。

 この大会は、開催地のプリンスジョージが野球の普及と国内チームのレベルアップを目指し、海外のチームを招待して実施しており、2年おきの開催で今回が4回目となる。過去にはキューバ、チャイニーズ・タイペイ、中国、バハマ、ドイツなどが代表チームを参加させており、東芝、JX-ENEOSと社会人の単独チームを参加させてきた日本も、今回は代表を送り込んだ。

 参加したのは日本のほか、アメリカ独立リーグのRosewell Invaders、大学のThurston County Generals、カナダのクラブチームCanadian Sidearm NationとKamloops Sundevilsの計5チーム。1チーム6試合という変則総当たりのリーグ戦、その勝率によって最終日に順位決定戦が行われた。

 今秋のドラフトで上位指名が見込まれる山岡泰輔(東京ガス)ら8名の投手陣は、縫い目が低く、皮も滑りやすいというボールにもしっかり適応し、抜群の制球力でゲームメイクした。ただ、追い込まれてもフルスイングしてくる打者にやや面食らい、連打を許して失点するシーンが何度か見られた。

「日本とは違うボールに対応するだけでなく、日本に比べて湿度も低いので、何か指先がカサカサしているような感覚で、少しナーバスになった面もありました」

 鮫島優樹(三菱重工広島)がそう語るように、慣れない環境に苦戦した部分はあったが、試合を重ねるごとに安定感を高めていった。

動くボールに手こずりながらも相手投手を攻略

 一方の打撃陣は、第1戦から2ケタ安打で2ケタ得点をマークするなど、機動力も積極的に駆使した攻撃で相手を圧倒した。ただ、都市対抗で若獅子賞を手にした菅野剛士(日立製作所)は、こう言って苦笑する。

「相手投手はストレートのスピードも速くないんですが、微妙な変化をしてくる。その分、とらえたと思ったのにどん詰まりでバットが折れてしまったり、日本とは違う感覚に苦労はさせられました」

 そう、当たり前のことだが、カナダやアメリカの選手は、日本人と体格も違えば野球のスタイルも異なる。どんなに日本で活躍している選手でも、そうした普段とは違う環境に対応できなければ、国際大会で思い通りのパフォーマンスを見せることはできないと思い知らされるのだ。

 それでも、丸子達也(JR東日本)の.522を筆頭に、田中俊太(日立製作所)が.444、長谷川拓真(JR東日本)が.429、キャプテンを務めた渡邉貴美男(JX-ENEOS)が.412、北村祥治(トヨタ自動車)が.313と高打率をマーク。打率こそ.258だった菅野も、チームトップタイの2本塁打と持ち味の長打力を発揮した。

 リーグ戦で6連勝を飾ると、決勝ではRosewell Invadersと対戦。1回裏に2点を先制するも、山岡が4回表に4失点して追う展開となったが、8回までに何とか追いつき、9回裏二死満塁から相手の暴投でサヨナラ勝ち。若手の経験値を高めることがメインテーマではあるが、安藤 強監督が「やるからには優勝を目指す」と言ったように、日本らしい勝負強さ、粘り強さの見られる戦いぶりは見事だった。

 ベストナインにあたる大会オールスター(投手は左右2名で、計11名が選出される)にも、2勝を挙げた右投手の近藤 均(王子)をはじめ6名が選出される。そうして貴重な経験を積んだ選手たちは所属チームに戻り、日本選手権最終予選、日本選手権への準備に取り組む。

1/2ページ

最終更新:8/25(木) 6:50

ベースボールチャンネル

なぜ今? 首相主導の働き方改革