ここから本文です

韓国代表監督がリオ五輪8強敗退の“戦犯”エースを擁護 「決定機でミスはあったが…」

Football ZONE web 8/25(木) 7:10配信

韓国国内で批判を受けるソン・フンミン シュティーリケ監督は「彼だけのミスではない」

 リオデジャネイロ五輪に参戦したU-23韓国代表は、準々決勝でホンジュラスに0-1で敗れ大会から姿を消した。徴兵免除を意味するメダル獲得を目指し、オーバーエイジ枠(各国が24歳以上の選手を3人まで登録可能)で参加したトットナムFWソン・フンミンは、不発によって韓国国内で批判を受けている。だが、韓国代表のウリ・シュティーリケ監督はソンのホンジュラス戦での不発を指摘しながらも、「彼だけが戦犯ではない」と語っている。アメリカのスポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

【写真特集】リオ五輪を彩る女子サッカーの美女選手たち

「オリンピックの4試合を全て見た。18選手のなかでは、チャン・ヒョンス(広州富力)とファン・ヒジャン(ザルツブルク)の二人だけが安定したパフォーマンスを見せていた」

 ドイツ人指揮官は韓国チームでわずか2人に合格点を与える一方、韓国でバッシングを浴びるエースについても言及した。

「ソンがホンジュラス戦のミスで批判を浴びていることは知っている。だが、彼が全ての失敗だったわけではない。ゴールを決めるチャンスで失敗したが、脅威にはなっていた。試合の流れでは個人の技術頼みになる傾向もあるが、会話の中で解決できる問題でもある」

兵役免除を手にできなかったエース

 決定機を逃して試合終了のホイッスルが鳴ると、ソンはアディショナルタイムの短さからレフェリーに食い下がって猛抗議するも当然判定は覆らず、その後号泣した。エースの期待を一身に背負った男の不発ぶりに、韓国のファンは厳しい視線を送っている。

 記事ではソンの厳しい今後について触れている。「30歳の誕生日を迎えるまでに兵役義務を果たさなければいけないことはソンについて回る。インドネシアで2018年に行われるアジア大会で韓国を優勝に導けば、兵役免除を手にできる。ソンは先週トットナムに合流したが、本拠地クリスタル・パレス戦ではメンバーから外れた」

 兵役免除を手にするためにトットナムでの出場機会を犠牲にしたソンは、代表監督から一応擁護されたものの、トットナムからの移籍話も浮上。キャリアの苦境に立たされているようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/25(木) 7:10

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。