ここから本文です

アーセナル、ドイツ代表DFの新たな代替案。今度はモナコDFに興味か

フットボールチャンネル 8/25(木) 7:00配信

 アーセナルがリーグアンのモナコに所属する23歳のコンゴ代表DFマルセル・ティスランドに興味を示しているようだ。24日に英紙『デイリー・ミラー』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 同紙によると、アーセナルはバレンシア所属のドイツ代表DFスコドラン・ムスタフィの獲得を目指しているが、交渉が難航していることもあり代替案としてティスランドの獲得を計画しているとのこと。レバークーゼン所属のDFエメル・トプラクやフェネルバフチェ所属のDFシモン・ケアの2選手も候補になっている。

 ティスランドは2014年夏から2年間トゥールーズに期限付き移籍していた。昨季はリーグ戦33試合に出場し、センターバックの他に右サイドバックでもプレーしている。今夏の移籍市場でモナコに復帰した後、ナント戦でフル出場を果たしていた。

フットボールチャンネル

最終更新:8/25(木) 7:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)