ここから本文です

山本和臣の高音ボイスにイケメン声優の喉が…? 妄想が捗る『防衛部』声優が表紙の「声グラ」9月号レビュー

おたぽる 8/25(木) 11:00配信

――昨今の声優人気に伴い、気がつけば声優専門誌も定期・不定期を合わせて10誌以上が刊行されている。そんな“声優誌 群雄割拠”の時代にあって、各誌はどのような記事・企画をとりあげているのだろうか? 主要な声優誌を中心に、目玉記事や気になる企画などを紹介しつつ、各誌の特徴を分析していく――

■「声優グランプリ」2016年9月号
出版社…主婦の友インフォス情報社
発売日…8月10日(毎月10日発売)
価格……1204円+税
創刊……1994年

「声優グランプリ」9月号の表紙&巻頭特集は、第2期が好評放送中のアニメ『美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!』より、メインキャラクターを演じる山本和臣、梅原裕一郎、西山宏太朗、白井悠介、増田俊樹の5人。表紙グラビアは身長160cm前後の小柄な山本を中心に、4人が彼をハグするという集合カットだ。

 この集合カット、じっくり見るとすごいんですよね。山本を“あすなろ抱き”風に抱く梅原に対し、山本は梅原に体を預けながら彼の左腕をギュッ。そして山本の正面からは白井が山本の腰に手を回し、両端の西山&増田は3人を抱え込むように互いの腕を握り締めているのです。

「も、もしも写真に写っていない裏側でも、同じように彼らが手を回していたらどうしよう!」などと、いろいろと妄想の捗る一枚ではないかと。この表紙に目を奪われ、なかなかページを開けなかった女性ファンも多いのでは。

 そんな誘惑に負けず表紙をめくると、インタビュー記事ではアニメ本編の話題から今後の展望まで、5人が軽妙なトークを繰り広げている。なかでも印象に残ったのはOP曲『沸点突破☆LOVE IS POWER☆』の話題で、同曲は高音ボイスの山本にキーを合わせたため、ほかの4人の喉を大いに苦しめたそうだ。

 11月には彼ら「地球防衛部」によるライブが決定しているが、果たして山本以外の4人は無事に同曲を歌うことができるのか? まぁ、イケメン声優たちが高音を出せずに苦しそうな表情を浮かべるのも、また一興ですよね。

 さて、そのほかで気になったのは……

【撮影スタッフ「わたあめ」リベンジ!】
寿美菜子連載「みなこめし」のテーマはわたあめ。撮影現場では、実際にスタッフがわたあめを作成したとのことだが、「声グラ」と「わたあめ」で思い出すのは、昨年9月号の下野紘のグラビアだ。このときも同様にスタッフがわたあめをつくったが、見事に失敗……。結果、“きりたんぽ”のようなわたあめを持った下野のグラビアがそのまま掲載されることとなった。しかし、1年越しのリベンジとなった今回の撮影では、無事にまん丸のわたあめをつくることに成功! スタッフの皆さん、おめでとうございました!

【小松未可子、お尻を撫でて恋愛祈願!?】
連載「どこ行くの?小松さん『ちょっとそこまで』」で、巣鴨地蔵通り商店街を訪れた小松未可子。商店街の入口には公式ゆるキャラ「すがもん」のお尻が飾られており、思わず小松さんもナデナデ。しかし、記事内では触れられていないが、このお尻を撫でると「恋が成就する」との都市伝説が……。はたして“みかこし”の恋愛の行方やいかに!?

【天崎滉平のサインの成り立ち】
連載コラム「天崎滉平のあまくち☆レビュー」で、自身のサインが完成する過程が紹介されていた。漢字の「天崎」を崩しつつ、4段階を経ての完成バージョンはなかなかに興味深い。それにしても、声優さんってどのタイミングでサインを考えるんですかね。まぁ、彼らに限らず「思春期の頃、とりあえず自分のサインを考えみた」という過去を持つ人は少なくないと思いますが……。
(文/神楽坂隆)

最終更新:8/25(木) 11:00

おたぽる