ここから本文です

「最後まで話してほしい」と頼むことで好感度がアップする

ライフハッカー[日本版] 8/25(木) 20:10配信

グループで話をしている途中で、誰かが割り込んでくることがあります。でもそういった時こそ、話を続けてほしいと言うことで、気が遣えて、好感の持てる人物だと印象付ける最高のタイミングなのです。

誰しもそのような経験があるでしょう―自分が話そうとしているのに、誰かがその発言に乗っかってきて、さらって行ってしまうという経験が。嫌な気分になりますし、自分の話など誰も聞きたくないのではないかと思ってしまいます。

でも、さっきの話を続けて欲しいなどと言われれば気分が良くなりますし、その人に感謝したくなるでしょう。そんな訳でMilena Rangelov氏は「Quora」で、話をさえぎられてしまった人に最後まで話し終えるように頼むことをアドバイスしています。そうすることで、言われた方は感謝の気持ちを抱きますし、何よりも聞いてもらっているという気分になれるのです。

ポイントは、他の誰かの話をさえぎったり、大げさに振舞ったりしないことです。話に割り込んだ人間を特定したりするのもやめましょう。会話が中断した時に、中断されていた話を続けてくれるように丁寧に頼んでみるのです。永遠に好感を持たれることは間違いないでしょう。


Milena Rangelov's answer to “What are useful social skills that can be picked up quickly?“ | Quora via Business Insider

Patrick Allan(原文/訳:コニャック)
Photo by Shutterstock.

最終更新:8/25(木) 20:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

ライフハッカー[日本版]の前後の記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ