ここから本文です

R・リンクレイターの自伝的映画『エブリバディ・ウォンツ・サム!!』予告編公開

リアルサウンド 8/25(木) 6:01配信

 『6才のボクが、大人になるまで。』のリチャード・リンクレイター監督による最新作『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

 本作は1980年の夏を舞台としたリチャード・リンクレイター監督の自伝的青春ドラマ。野球推薦で大学に入学することになった青年が、個性豊かなチームメイトや女の子と出会い少しずつ成長していく姿を描く。主人公・ジェイクを『Glee』シリーズのブレイク・ジェナーが務めるほか、『ヴァンパイア・アカデミー』のゾーイ・ドゥイッチ、『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』のグレン・パウエル、『ティーン ・ウルフ』のタイラー・ホークリンらが名を連ねる。

 公開されたポスタービジュアルには、「後悔するのはやったことじゃない。やり残したことさ。」という劇中の台詞とともに、ジェイクとその仲間たちが青春を謳歌している様子が捉えられている。

 一方、予告編では、ジェイクが野球部の個性豊かで騒々しいチームメイトたちと、野球をはじめ、あらゆることに全力で打ち込み、新たな出会いと恋を経験していく様子が描かれている。予告編の音楽が本作のタイトルにもなったヴァン・ヘイレンの「エブリバディ・ウォンツ・サム!!」に変わり、「あれかこれかより、あれもこれもの人生を選びたい」というフレーズとともに、彼等の享楽的な青春の様子が映しだされている。

(リアルサウンド編集部)

リアルサウンド編集部

最終更新:8/25(木) 6:01

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。