ここから本文です

悲壮なマンU愛か欧州外移籍か… パワハラに耐えるシュバイニーの気丈なメッセージが話題に

Football ZONE web 2016/8/25(木) 9:05配信

ロッカールームはなく、試合はスタンド観戦

 ジョゼ・モウリーニョ新監督から冷遇が続くマンチェスター・ユナイテッドの元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーが、自身のツイッターで「ユナイテッドは僕にとって欧州での最後のクラブだ」と宣言。悲壮な“ユナイテッド愛”を表明するとともに、MLS(アメリカ)などへの移籍を示唆している。

英メディアも感嘆! 世界トップレベルで活躍する「35歳以上ベストイレブン」

 シュバインシュタイガーは昨夏に下部組織から過ごしてきたバイエルンを離れ、ユナイテッドに移籍した。しかし、恩師ルイス・ファン・ハール前監督の退任によってその立場は悪化。モウリーニョ監督の下では戦力外となり、リザーブチーム行きを命じられた。

 モウリーニョ監督は本人との個人面談で「ロッカールームを片付けるんだ」と非情通告をされ、トップチームで練習できないという事態に、国際プロサッカー選手会(FIFpro)の弁護士が「これは明確なイジメだ。スロベニアでは我々はモウリーニョを告訴し、最高で懲役3年を求刑できることになる」とパワハラ認定しようとする構えもあった。

 しかし、当のモウリーニョ監督は「監督の決定だ。以上」と全く取り合う気もなく、開幕したプレミアでは新加入のMFポール・ポグバ、ベルギー代表MFマルアン・フェライニらが機能。ベンチにはドルトムントから加入のアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンが控えるなど、シュバイニーはスタンド観戦という非常に厳しい境遇に置かれている。

ツイッターで「僕の欧州最後のクラブだ」

 他クラブへの移籍も噂に上がり続けるシュバイニーだが、現状の境遇に耐え、一縷の望みにかけようとしているようだ。自身のツイッターで以下のように声明を発表している。

「MUFCは僕にとって、ヨーロッパでの最後のクラブだ、僕は他のクラブをリスペクトしている。マンチェスター・ユナイテッドはバイエルン・ミュンヘンを去ろうと思わせた唯一のクラブだ。もしチームが僕を必要としているなら、僕は準備できている。それが僕の今言える現在の状況のすべてだ。ここ数週間にわたって驚くべきサポートをくれたファンに感謝したい」

 こう赤い悪魔のファンに感謝を告げた。英紙「ザ・サン」は、「彼はMLSか中国に行くことをほのめかしている」と新天地をヨーロッパ以外に求める可能性を指摘している。シュバイニーとしては厳格な規律を敷く指揮官に“氷漬け”されている現状を、どこまで我慢できるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:2016/8/25(木) 9:05

Football ZONE web

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!

天皇陛下の退位 専門家の提言

天皇陛下の退位をめぐり政府が設けた有識者会議は年明けにも、論点整理を取りまとめる。
憲法や皇室問題に詳しい専門家の提言とは。