ここから本文です

銭湯、お茶、築地etc… 今行きたい“和“を感じるスポット5選!

VOGUE JAPAN 8/25(木) 22:10配信

和の趣を感じたいのは、インバウンダーだけでなく日本人も同じ。ジャパニーズカルチャーを堪能できる、東京で今訪れるべき5スポットを厳選してお届け。

銭湯と言えば、やっぱり富士絵!

江戸時代には遊郭としてさまざまな文化や流行を生んできた歴史ある街、吉原。この街からほど近い浅草に今年6月、吉原をモチーフにした東京みやげブランド「新吉原」の旗艦店としてオープンしたのが、岡野弥生商店だ。2年前にスタートした「新吉原」は、外国人受けしそうな江戸の“粋”を感じさせる新感覚のテイストが光る。

「お茶の新しい愉しみや価値観を広げ、進化させていきたい── 」そんな想いで店主の櫻井真也さんが始めた店。この夏、西麻布から南青山に移転リニューアルし、ますます外国人が訪れやすいスポットになった。

扱うのは全国から厳選した煎茶や店内で焙煎した焙じ茶、茶器など。“ロースト”と“ブレンド”を軸にし、日本の四季を取り入れたものも多い。なかでもおすすめは、旬の果物や植物を煎茶と混ぜ合わせて日本の香りを表現したブレンドティー。鮮やかなフレーバーが煎茶の味わいを引き立て、外国人でも抵抗なく受け入れることができそうだ。二十四節気に合わせ、月2回ほどのペースで入れ替わるというから、お土産にもちょうどいい。

店の奥には、茶房も併設。玉露から薄茶まで、5つの風味のお茶を味わえる“お茶のコース”など、お茶の幅広い魅力を堪能することができる。

Text: Hitomi Miyao Editors: Yuka Tsukano, Yukiko Kaigo

最終更新:8/26(金) 0:19

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。