ここから本文です

涼やかで美しい「プール空撮」ギャラリー12点

WIRED.jp 8/25(木) 11:10配信

写真家シュテファン・ツィルヴェスは、空撮が好きだ。ゴルフコースやサッカー場、スイミングプール…。そうしたありふれた場所から魅力的なパターンを見い出すことを楽しんでいる。「プールはけっこう美しい構造をしていて、でもたまに奇妙なデザインだったりもするんだ」と彼は言う。

【もっと写真を見る】夏といえばプール!不思議な形のプールや、吸い込まれるような飛込み台など...

そうした奇妙なデザインを引き出すためには、超緻密な撮影が必要になるという。南ドイツの街に点在するプールを1000フィート上空からホヴァリングしながら、50Mpセンサーを搭載したハッセルブラッドのカメラで、ヘリコプターの窓から写真を撮る。

このやり方は、プールで泳いでいる人々やプールにある飛び込み台やすべり台、プールサイドのパラソルといった細部をシャープに捉えるのに充分な距離感である一方で、近すぎて人々を怖がらせるということはない。「(自分の撮影のために)みんなの邪魔をしたくはないんだ」とツィルヴェスは言う。

ツィルヴェスの空撮写真は、Photoshopを駆使して建物などの余計な部分を処理し、メインであるプールの周りに独特の模様が刻まれた「フレーム」をつくり上げる。そうして、日常に存在するありふれたプールがミニマムな美しい光景へと変貌するのだ。

LAURA MALLONEE

最終更新:8/25(木) 11:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。