ここから本文です

「ついにワルキューレの時代が!!」『マクロス』シリーズ歌姫たちの快進撃にファン大盛り上がり!!

おたぽる 8/25(木) 14:30配信

「キラッ☆」でおなじみ『マクロスF』のランカ・リーが歌う「星間飛行」や、2008年に一番売れたアニメソング「ライオン」など様々な名曲を生み出してきた『マクロス』シリーズ。もちろんシリーズ最新作の『マクロスΔ(デルタ)』にも新たな歌姫たちが登場している。

 現在放送中のTVアニメ『マクロスΔ』(TOKYO MXほか)に登場する美少女5人組の戦術音楽ユニット「ワルキューレ」。異例の快進撃を見せている彼女たちの活躍に「キターーー!! ついにワルキューレの時代が!!」「いやいや忙しいっすな! 嬉しい大忙しですね!」「クライマックスは寂しいが、この勢いなら次も期待できるぜ!!」と大盛り上がりとなっているようだ。

「ワルキューレ」は、7月6日に発売したアルバム『Walkure Attack!』が爆売れ。大きな反響を得た(記事参照)。その勢いに乗って、2ndシングル「絶対零度θノヴァティック/破滅の純情」も8月22日付のオリコンシングルCDランキングで6位にランクイン。現在放送中のアニメ新オープニングテーマ曲とエンディングテーマを収録した両A面シングルで「良曲過ぎないっすか? マクロスΔで一番好きだわ」「絶対零度θノヴァティックの『確かめ合うならカラダごと…』で毎回ガタガタしちゃうの私だけじゃないよね?みんなガタガタしてるよね? あーーーよかったーー!」「飽きるまで聴くつもりだけど、全然飽きないのよね」と、すでにその魅力にどっぷりとはまってしまっているよう。

 さらに、TVアニメ『マクロスΔ』の出演キャストが開発途中のPS Vita『マクロスΔ(デルタ)スクランブル』をプレイする映像シリーズも公開中。多くのファンたちの心を掴む『マクロス』シリーズのメカたちが大活躍する同ゲームは、爽快感あふれるフライト・アクション・シューティングが魅力。現在、主人公のハヤテ・インメルマン役の内田雄馬が登場する「ハヤテ」編だけでなく、「ワルキューレ」のメンバーであるフレイア・ヴィオン役の鈴木みのりの「フレイア」編、マキナ・中島役の西田望見の「マキナ」編も“ぷれい動画日記”に登場し、「あふれ出る内田雄馬のがちオタ感wwww 俺もフレイヤがいればいい!」「みのりちゃんおもろいなwリアルフレイアやんけ!!」「望見ちゃんきゃわわーーー!!」と大好評。

 TVCMも放送されており、10月20日に発売を控えた『マクロスΔスクランブル』に「ワルキューレの音楽とともにゲームができるなんてなんて最高なゲームなんだ!」「マクロスデルタスクランブル…絶対買わねば…まじでマクロスシリーズは商売上手やでぇ」「歴代キャラと機体も出てくるらしいし、俄然楽しみになってきた! 歴代の歌とかもかかったらさらに胸熱ものやで…」とゲームの売り上げにも期待できそうだ。

 さらに、「ワルキューレ」は9月22日に横浜スタジアムで行われるプロ野球・横浜DeNA ベイスターズ公式戦の始球式にも登場予定。メンバー全員がそろって野外で楽曲を披露するのは初となるので「JUNNAさんが来て歌うのか!これは気になる!誰がボールを投げるんだろう」「ワルキューレ始球式する上に歌うとか行くしか無いやろ! 野球観れるし俺得イベントやんけ!」「おお! 何歌うんだろう…確認しに行くしかないな」という声の通り、ファンにとっては逃すことができないイベントだろう。ちなみに、チケットは8月24日現在確認する限り、残りわずかだが空席があるよう。この機会を逃さず野球場で舞う「ワルキューレ」を観戦しに行こう!

 アニメ『マクロスΔ(デルタ)』も9月25日に放送予定の第26話でクライマックス。素晴らしい歌声で多くのファンを魅了する新たな『マクロス』シリーズの歌姫たちの行く末を期待して見守っていこう。

最終更新:8/25(木) 14:30

おたぽる

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。