ここから本文です

構想外の“悪童”バロテッリがリバプールから都落ち!? スイス1部シオンが移籍先候補に浮上

Football ZONE web 8/25(木) 10:50配信

シオンの会長が獲得交渉中と認める

 リバプールから戦力外通告をされている元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが、スイスリーグに都落ちする可能性が浮上している。スイス1部シオンのクリスティアン・コンスタンティン会長が、獲得交渉を進めていることを明らかにした。スイス地元メディア「Ticinoニュース」が報じている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 2年前にリバプールに移籍した“悪童”はリーグ戦1得点の大不振に終わり、昨夏に期限付き移籍で古巣ACミランに復帰。だが、またしてもリーグ戦で1得点と期待を大きく裏切った。

 ピッチ外で起こすトラブルは近年減少しているものの、ゴール数まで激減。そんな下降線を辿るストライカーの元には、昨季のトルコ王者ベジクタシュ、セリエA6位に躍進し今季UEFAヨーロッパリーグに参戦するサッスオーロなどが移籍先に浮上したが、いずれも指揮官が断固拒否して消滅するなど、未来が見えなかった。

「我々は交渉を続けていて、現在進行中であることを確認できる。前向きな結果になるのかどうかは、私には分からない」

 コンスタンティン会長はこのように語っている。インテル、マンチェスター・シティなどビッグクラブを転々としてきた26歳のバロテッリにとって、スイス行きは大幅なキャリアダウンとなるが、プレー機会を求めて“都落ち”の道を選ぶことになるかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/25(木) 10:50

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。