ここから本文です

意外?納得?1万人に聞いた「好きな果物」ランキング

@DIME 8/25(木) 12:10配信

マイボイスコムは、2回目となる『果物』に関するインターネット調査を実施した。

◆好きな果物

果物が好きな人は8割強。好きな果物は「いちご」(71.0%)が最も多く、「もも」「梨」「みかん」「りんご」が続く。女性の比率が高い項目が多く、「いよかん」「キウイフルーツ」「グレープフルーツ」「サクランボ」「デコポン」「ブルーベリー」「もも」は、男女差が10ポイント以上となっている。「梅」「オレンジ」「パイナップル」は女性10・20代、「柿」「スイカ」「バナナ」は50代以上で比率が高い傾向。

◆果物の摂取方法、頻度

果物の摂取方法は、「生鮮果物をそのまま食べる」が91.8%。「生鮮果物を何かにのせる・まぜるなどして食べる」「市販の果汁飲料・ジュース・スムージー等」「市販のフルーツヨーグルト」が各2割台となっている。果物を毎日摂る層では「生鮮果物を何かにのせる・まぜるなどして食べる」の比率が高くなっている。果物の摂取頻度は、「週2~3回」がボリュームゾーン。毎日食べる人は3割弱で、女性50代以上では4割強、男性20~40代や女性20代では1割台となっている。

◆果物を摂る理由

果物を摂る人に摂る理由を聞いたところ、「おいしい」(84.2%)、「好き」(52.1%)の他、「ビタミンが摂取できる」「健康によい」「甘い」「手軽に食べられる」が2~3割強で上位にあがっている。「好き」「美容によい」「ビタミンが摂取できる」は女性の比率が高く、約13~22ポイントと男女差が大きくなっている。果物を毎日摂る層では、「好き」「健康によい」「胃腸やおなかの調子を整える」「習慣」の比率が高くなっている。

◆生鮮果物をそのまま食べる場面

生鮮果物をそのまま食べる人に、食べる場面を聞いたところ、「夕食後」「間食、おやつ」「朝食のメニューとして」が4割前後で上位3位。「間食、おやつ」は、女性10~30代で5~6割となっている。果物を毎日摂る層では「朝食のメニューとして」、月2~3回以下の層では「間食、おやつ」が最も多くなっている。

◆生鮮果物購入時の重視点

果物購入時の重視点は「価格」(60.7%)の他、「産地」「鮮度」「国内産・外国産」「季節感・旬のもの」「品種、ブランド」が3~4割で上位にあがっている。「鮮度」「季節感・旬のもの」は、女性が男性を19~20ポイント上回る。女性や高年代層で比率が高い項目が多くみられる。

<回答者のコメント>
その果物が好きな理由(全4924件)
・キウイフルーツ。皮をむかなくてよく、半分に切るだけで食べられる。(男性22歳)
・出来る限り加工をしないで嗜むように努めております。(男性37歳)
・ドライフルーツをヨーグルトに入れて食べるのが好き。マンゴーは特に美味しい。(男性30歳)
・グレープフルーツ、酸味、苦み、甘さのバランス。(男性58歳)
・いちご。理由→甘酸っぱい、いろんなスイーツに利用できる。食べ方→ジャム、ケーキなど(女性13歳)
・バナナを朝食でそのまま食べる。朝は忙しいので手軽なのと、お腹にたまりやすいから。(女性29歳)
・柑橘類、イチゴ、プラムなど。最近は、糖度にばかりこだわっていて酸っぱさも伴っているものが減ってきているので、それが困ります。なので、酸っぱさも伴っていそうな果物が好きです。(女性33歳)
・スイカをよく冷やして!夏を実感します。(女性63歳)

【調査対象】「MyVoice」のアンケートモニター
【調査方法】インターネット調査(ネットリサーチ)
【調査時期】2016年06月01日~06月05日
【回答者数】1万1275名

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:8/25(木) 12:10

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。