ここから本文です

ペドロ・アルモドバル最新作『ジュリエッタ』特報映像、運命に翻弄された“母”と“娘”の姿

リアルサウンド 8/25(木) 10:19配信

 『オール・アバウト・マイ・マザー』『私が、生きる肌』のペドロ・アルモドバル監督最新作『ジュリエッタ』より、特報映像が公開された。

 本作は、カナダのノーベル賞作家アリス・マンローが2004年に発表した短編集「Runaway」が原作の人間ドラマ。運命に翻弄されら母と娘の関係を描く。アルモドバル監督が「ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、ヴィクトリア・アブリル、マリサ・パレデス、セシリア・ロスといった私の女神たちと肩を並べる存在になった」と絶賛する、『暴走遊戯』のエマ・スアレスと『情熱のシーラ』のアドリアーナ・ウガルテが、“現在”と“過去”のジュリエッタにそれぞれ扮する。

 このたび公開された特報映像は、スペインのマドリードで暮らすジュリエッタが、偶然再会した知人に「あなたの娘を見かけたわ」と告げられ、衝撃を受ける様子で幕を開ける。12年前に突然姿を消したひとり娘のアンティアへの思いが蘇ったジュリエッタは、どこにいるのかもわからない娘に宛てた手紙を書き始める。

リアルサウンド編集部

最終更新:8/25(木) 10:19

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。