ここから本文です

迷走ミランが“格安補強”を連発! クロアチア代表21歳MFをレンタルで獲得へ

Football ZONE web 8/25(木) 11:40配信

昨季モナコでプレーしたパシャリッチ 期待の大型ボランチも腰痛持ちの“訳あり物件”?

 資金難に苦しむACミランが、再び格安補強を炸裂させた。チェルシーからクロアチア代表MFマリオ・パシャリッチを、100万ユーロ(約1億1000万円)のレンタル料で期限付き移籍で獲得することが分かった。クラブの公式テレビ番組「ミランチャンネル」が報じている。

伊メディアが選定 ベルルスコーニ体制下のミランに名を刻む「名手トップ10」

 パシャリッチは、25日にメディカルチェックと契約のためにミラノ入りすることになる。

 21歳の若さでクロアチア代表2試合出場のパシャリッチだが、選手層の分厚いチェルシーでは出場機会を手にすることができず、14年はスペイン1部エルチェ、昨季はフランスの強豪モナコに期限付き移籍で加入し、2年連続でリーグ3得点を決めているが、現在は腰痛に苦しみリハビリ中とイタリアメディアではレポートされている。

 身長186センチの大型ボランチは故障から回復し、活躍できればミランにとってはボーナス補強となるが、今回の期限付き移籍には来季の優先交渉権は組み込まれているものの、買い取りオプションはついていない。

 主将のリッカルド・モントリーボのパフォーマンスダウンが著しいミランだが、パシャリッチが救世主となるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/25(木) 11:40

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。