ここから本文です

大谷翔平が導いた原点回帰。 高校球界は「打てる投手」が急増中

webスポルティーバ 8/25(木) 14:50配信

 夏の甲子園は、日本球界の最前線を映す鏡でもある。

 たとえば、ありがちなのは、打撃フォームの模倣だ。昨年は、西武の秋山翔吾がブレイクしたこともあり、秋山同様、バットを寝かせて構える選手が目立った。

【写真】”絶滅危惧種”になりつつあった「4番・エース」。日本ハムの大谷翔平選手。

 そして今年、目についたのは、いわゆる「二刀流」である。

 8月8日の北陸戦、東邦の「4番・エース」藤嶋健人は、ライトで出場し、本塁打、三塁打、二塁打2本と大暴れ。19-9と、大勝の立役者となった。

 また、高校ナンバー1右腕の横浜の藤平尚真、同左腕の履正社の寺島成輝も、打順こそ6番や7番を担っているが、クリーンアップを打つ力は十分にある。いずれも初戦で安打を放った。

 広島の高山健一スカウトは藤嶋、藤平の両右腕の打撃をこう評価する。

「5年前、東海大相模から阪神に行った一二三慎太(ひふみ・しんた)を思い出すね。彼は今、バッターに転向して頑張っているけど、藤嶋も藤平もバッターとしても育ててみたいという魅力を感じる選手です」

 神奈川大会で2本塁打をマークした藤平は言う。

「高校野球なので、ピッチャーであっても、投げるだけでなく、打って、走ってと、一生懸命やるべきだと思う。どれでも一流を目指したい」

 藤平の言葉に代表されるような意識の変化を、常総学院の佐々木力監督はこう分析した。

「日本ハムの大谷(翔平)選手を見習ってじゃないけど、野球小僧のような、投げても打ってもチームの主役というような選手が増えてきましたよね。エースを任されるような選手はバッティングもいいですしね」

 競技は成熟すればするほど、ひとつの役割が専門化してくものだ。近年、高校野球でもプロ同様、投手はピッチングに専念し、打順は下位を任されるケースが増えた。その傾向は強豪私学ほど顕著だった。地方の公立校等で、部員が少なく、やむなくピッチャーに4番を打たせるという場合を除き、かつてはよくいた「4番・エース」は、”絶滅危惧種”になりつつあったといっていい。

 しかし、それも大谷効果なのだろう、”生息数”が回復傾向にあると指摘するのはスカウトの高山だ。

「4番・ピッチャーが、また、増えてきた気がするね。大学、社会人になっちゃうと、ほとんどDH制なので、投手が打席に立つことがなくなる。そうすると、どんなに才能があってもピッチャーを続けるならバッティングはあきらめざるをえない。その点、高校は打席に立てるわけだから。選手のためにも、できる限り可能性を残しておいた方がいい。バッティング練習をして体のキレを出すという考え方もあるしね」

1/2ページ

最終更新:8/25(木) 17:38

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。