ここから本文です

トップリーグ開幕! 23歳の新主将・流大が低迷サントリーを変革する

webスポルティーバ 8/25(木) 19:20配信

 ラグビーのトップリーグ(TL)は26日(金)、開幕する。「世代交代」が進む今季。サントリーの新主将、スクラムハーフ(SH)の流大(ながれ・ゆたか)は入社2年目の23歳。「もう、ワクワクしています。自分たちのプライドを示せるようなプレーをして、1戦1戦チャレンジしていきたい。“やってみなはれ”の精神で全勝優勝を目指します」と言葉に覇気を漂わせた。

【写真】国際大会で「ベスト4」という快挙を成し遂げたセブンズ日本代表

 サントリーの今季のチームスローガンが『サントリー・プライド~インターナショナル・スタンダード』である。チームは昨季、過去ワーストの9位に終わった。屈辱だった。雪辱を期し、監督に沢木敬介が就き、主将には流が抜擢された。負けず嫌いの生来のリーダーはまず、チームの意識を変えた。

「9位なので」と流主将は繰り返す。

「サントリーは長く、日本ラグビーを引っ張ってきた存在だと思うのですが、今はチャンピオンじゃないんです。上に8チームがいますし、下の10位以下も楽に勝てるチームはひとつもありません。ただチャンピオンになるためのメンタリティーと練習は積み上げてきました」

 新チームの練習がスタートして、実は流主将の発案で始めたことがある。試合と練習の最初と最後に円陣を組み、みんなで「ワン・ツー・スリー・プライド」とコールするのだった。

「いつも自分たちのプライドを忘れずに試合や練習に打ち込んで、終われば、それができたのかを自分に問いかけ、プライドを持って次に向かおうと再確認するためです。そのプライドの中にはチャレンジ精神も入っていますし、ネバーギブアップの精神も入っています」

 サントリー・プライドをより具体的にいえば、相手より走ることもそうだし、接点でファイトすることもそうだし、1本のパス、1本のキック、1本のタックルに魂を込めることもそうだという。つまりは、流主将のモットーである『小事大事』。「どんな練習でも準備でも、小さなことの積み重ねが勝利につながるということです」と説明する。

 ラグビー界は、昨年のワールドカップ(W杯)の日本×南アフリカ戦の金星に次ぎ、先のリオデジャネイロ五輪の日本×ニュージーランド戦のアップセットで盛り上がっている。リオ五輪のその試合、流主将は深夜、ライブでテレビ観戦した。「興奮して、寝られなくなりました」と笑いながら思い出す。

「日本は勝つべくして勝ったなあと思います。ディフェンスのプレッシャーも、トライの取り方も、しっかり準備しての日本の勝ちだったので、すごいなと感心しました。何といっても、プレーにチャレンジ精神があふれていました。僕らもそうありたいですね」

 どだい、サントリーの戦力は悪くない。プロップの畠山健介、垣永真之介やロック真壁伸弥、フランカーのツイ・ヘンドリック、SH日和佐篤、スタンドオフ小野晃征、センター松島幸太朗らの日本代表勢が並び、元豪州代表の職人フランカー、ジョージ・スミスも復帰した。有力外国人選手も加わり、若手と中堅、ベテランのバランスもいい。

1/2ページ

最終更新:8/25(木) 19:20

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。