ここから本文です

故プリンスの邸宅ペイズリー・パーク、一般公開へ

女性自身 8/25(木) 17:48配信

今年4月、薬物の過剰摂取で急逝したプリンスの邸宅兼スタジオ「ペイズリー・パーク」が10月6日から一般公開されることがわかった。

ペイズリー・パークは1987年、ミネソタ州ミネアポリスにて竣工した。1,000万ドルという巨費が投じられた豪邸には、プリンスの居住スペースの他にレコーディングスタジオや防音スタジオが備えられ、数多のアーティストに貸し出されていた。

妹のティカ・ネルソンの声明によると、ペイズリー・パークの公開はプリンス自身の希望であったという。「(兄の)存命中に、この敷地を見て回ることができたのはわずか数百人でした。しかし今、門戸は開け放たれ、世界中のファンが初めてプリンス・ワールドを体感することができるようになったのです」。

ただし、誰もがふらりと訪れてもよいというわけではない。70分の見学ツアーが組まれ、プリンスが実際に録音したスタジオやリハーサルを行った防音スタジオを見て回ることができる。また、コンサート衣装や、数々のトロフィー、楽器、レア音源やビデオなども展示されるという。ツアーのチケットは金曜日の14時にオンラインでのみ発売される。

最終更新:8/25(木) 17:48

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。