ここから本文です

ハリルが名将ベンゲルに怒りのクレーム! 「浅野はなぜ15日も20日も日本で休むんだ!」

Football ZONE web 8/25(木) 16:22配信

アーセナルに移籍も英就労ビザを取得できずに去就は不透明

 9月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)最終予選の第1節UAE戦、第2節タイ戦に臨む日本代表メンバーが発表された。バヒド・ハリルホジッチ監督は、リオデジャネイロ五輪代表FW浅野拓磨(アーセナル)を選出したが、英内務省から就労ビザ申請を却下されたために、新天地が決まっていない。五輪終了後に日本国内で調整を強いられた新鋭FWの去就不透明な現状に激怒し、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督に「なぜ15日も20日も休まなければならないのか」と激高したことを明らかにした。

【写真特集】リオ五輪を彩る女子サッカーの美女選手たち

 ハリル監督は6月のキリンカップでも2試合とも起用した浅野について、大きな期待を持って招集を決断した。しかし「浅野の状況が決定的に分からないのが心配ですね」と繰り返し語った。リオ五輪終了後の浅野のコンディションと去就について、大きな不安を持っているようだ。

「FWのなかで最も難しいのが浅野です。オリンピックが終わって日本に帰ってきて、誰が日本に帰れと言ったのか分かりませんが、休めと言われたようですね」

 こう切り出したハリルホジッチ監督は、怒りをヒートアップさせた。そして、ベンゲル監督とのいきさつを明らかにした。

「五輪の間に全てが解決するはずだった」

「私も直接ベンゲルに電話して、『日本でなぜ15日も20日も休まなければならないのか』と話しました。レンタルに出なければいけないのは分かっていたことで、オリンピックの間に全て解決するはずでした。彼が日本に残らなければいけない状況だったので、我々が状況を整えてみっちりトレーニングしました。ただ、彼がどこにレンタルされるのか。ロンドンに行ったところまでは知っているが、コミュニケーションが難しい状況です」

 浅野は英国での労働許可証が下りず、他国クラブへのレンタル移籍を余儀なくされた。フランス、ドイツ、ベルギーリーグへの移籍が浮上しているが、ハリル監督は去就問題で宙ぶらりんになった浅野に関して、アーセナルへの不信感を一気に爆発させた模様だ。

「初戦に浅野が使えるかは分かりません。ただ、浅野の移籍に関してはすごく信頼しています。オリンピックでも高いクオリティーを見せましたし、我々のチームに若さと情熱を見せてほしい。競争には含まれています」

 ハリル監督から「大島(僚太)と浅野がA代表に何かをもたらす可能性は高い」と評価された“ジャガー”は、リオ五輪でも2得点を決めている。果たして新天地がすんなりと決まり、最終予選のピッチに立つことができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/25(木) 18:41

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ