ここから本文です

浅野は代理招集だった! 鹿島の金崎が湘南戦交代時に反抗的態度をとり、代表から懲罰落選

Football ZONE web 8/25(木) 18:08配信

石井監督との握手を拒否 「日本代表選手があのような態度をとってはいけない」

 9月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)最終予選の第1節UAE戦、第2節タイ戦に臨む日本代表メンバーが発表された。バヒド・ハリルホジッチ監督はFW金崎夢生(鹿島)について、「こういう態度はA代表に値しない」とJリーグでの交代時の態度を咎め、代表メンバーから外し、アーセナルFW浅野琢磨を代わりに招集したことを明かした。

【写真特集】リオ五輪を彩る女子サッカーの美女選手たち

 金崎は20日に行われたJ1セカンドステージ第9節湘南戦の後半25分に途中交代を命じられた時、石井正忠監督に対して不満を露わにする態度を取った。FW陣のメンバー発表の際、ハリル監督はマインツFW武藤嘉紀、アーセナルFW浅野拓磨らのコンディションに触れつつ、「ひとつ言わなければいけないのは金崎です。リストには入っていたのですが……」と自ら切り出した。

「前節に日本代表の候補だった選手があのような態度を取ってはいけない。その理由で外しました。これは日本代表の基準としてすべての選手に伝えたい。このような行動をとれば、A代表には入れない」

 代表招集内定だった金崎を懲罰人事で外す代わりに、浅野を代理招集したことも明らかにした。ハリル監督は球際の激しい戦い、いわゆる“デュエル”を徹底的に求めると同時に、選手、スタッフ全員が一丸となる規律、チームワークも重視する。監督への反抗的な態度は看過できないものだったようだ。

将来的な復帰には含みを持たせる

「金崎に関しては多くのコメントが必要ないが、彼の態度が私には受け入れがたい。A代表だけでなく全選手に伝えたいのは、こういう態度はA代表に値しない。すでにA代表に入った選手が、若い選手に良い影響を与えるのかということだ」

 厳しい言葉を並べつつも、指揮官は「今後のことは考えていない。今はUAE戦への準備に集中しているので、また考えます」と将来的な代表復帰に対しては含みを持たせた。Jリーグでも有数の決定力、闘争心を持つストライカーに名誉挽回のチャンスは巡ってくるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/25(木) 18:08

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。