ここから本文です

ブンデスリーガ、知っておきたい若手5人。16/17シーズン、期待のスター候補生たち

フットボールチャンネル 8/25(木) 10:30配信

王者・バイエルンの監督が変わり、多くの日本人選手が所属しているブンデスリーガ。これまでも多くの若手選手が輝いてきたリーグでもある。今シーズン飛躍を遂げるであろう注目の若手選手を5人紹介する。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

レナト・サンチェス(バイエルン)

 今夏の移籍市場でポルトガル1部のベンフィカからバイエルン・ミュンヘンに移籍した18歳のポルトガル代表MFレナト・サンチェス。

 ベンフィカの下部組織で育ち昨年トップチームに昇格すると、シーズン終盤にかけて出場機会を増やしリーグ戦24試合出場で2得点を記録した。さらに、今年6月に行われたEURO2016ではポルトガルの主力として優勝に貢献するなど著しい成長を見せている。

ウスマヌ・デンベレ(ドルトムント)

 今夏の移籍市場でリーグアンのレンヌからドルトムントに移籍した19歳のU-21フランス代表FWウスマン・デンベレ。レンヌの下部組織で育ち昨年10月にトップチームに昇格すると、1年目にしてリーグ戦26試合出場で12得点を記録する大活躍を見せた。

 その活躍ぶりからバルセロナやプレミアリーグ王者のレスター・シティも興味を示していたが、積極的な勧誘とクラブのビジョンを示したドルトムントに心を動かされ、移籍先をドルトムントに決めている。

エムレ・モル(ドルトムント)

 今夏の移籍市場でデンマーク1部のノアシェランからドルトムントに移籍した19歳のトルコ代表MFエムレ・モル。ノアシェランの下部組織で育ち昨年11月にトップチームに昇格。

 ノアシェランの指揮官を務めていたカスパー・ヒュルマンド監督から”トルコのメッシ”と言わしめるほどの逸材で、細かいドリブルからの突破を得意としている。1年目にして主力に定着しただけでなくトルコ代表にも選出され試合に出場していた。

ミッチェル・ヴァイザー(ヘルタ・ベルリン)

 昨年夏にバイエルン・ミュンヘンからヘルタ・ベルリンに移籍した22歳のMFミッチェル・ヴァイザー。同選手は各世代別ドイツ代表としてU-16からU-21まで出場した経験を持つ若手MFだ。

 昨季は加入1年目にして主力の座を勝ち取り、今季もヨーロッパリーグ予選第3回戦のブロンビーIF戦に出場している。

ブリール・エンボロ(シャルケ)

 今夏の移籍市場でスイス1部のバーゼルからシャルケに移籍した19歳のスイス代表FWブリール・エンボロ。バーゼルの下部組織で育ち2014年にトップチームに昇格。

 2014/2015シーズンはリーグ戦26試合出場で10得点を決め、昨季もリーグ戦27試合出場で10得点を記録する活躍を見せた。19歳ながらスイス代表ですでに14試合に出場しており、チームの主力になりつつある。

フットボールチャンネル

最終更新:8/25(木) 12:59

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。