ここから本文です

Buono!がついに帰ってくるーーハロプロ内の“異端”ユニットを改めて紐解く

リアルサウンド 8/25(木) 14:30配信

 Buono!がついに帰ってくる。夏焼雅24歳の誕生日である8月25日に日本武道館で行われる『Buono! Festa 2016』。ここ数年は『Berryz工房祭り』や『Hello!Project COUNTDOWN PARTY』など、ゲスト的なポジションでのイベント出演はあったものの、表立った活動はしておらず、メインでライブを行なうのは、実に4年ぶりとなる。

 Buono!は、Berryz工房の嗣永桃子、夏焼雅、℃-uteの鈴木愛理という、ハロー!プロジェクトキッズ屈指の実力派3人によって2007年に結成されたグループであり、テレビ東京系列のテレビアニメ『しゅごキャラ!』のテーマを担当とするという企画的なところからのスタートだった。あくまで各メンバーはメイングループでの活動を主としていたため、不定期な活動になってしまっており、2010年には結成当初より制作全般を担っていたポニーキャニオンとの契約満了後、アップフロントワークスへの移籍で活動が継続されたものの、2012年からリリースと単独ライブが途絶え、2015年にはBerryz工房が無期限活動停止を迎えるなど、ファンから見れば今後グループ存続が危ぶまれる不安要素があったことも事実だ。

 そんなモヤモヤを払拭するがごとく、Buono!は『Buono! Festa 2016』を発表。さらには4年9カ月ぶりとなる待望の新曲『ソラシド~ねぇねぇ~/ロックの聖地』をDVDシングルとして2016年9月21日にリリースし、武道館公演で会場先行販売することを発表した。

 王道ポップスのメロディに爽快なバンドサウンド、どこか初期Buono!を彷彿とさせる同曲は、赤い公園・津野米咲が詞曲を担当し、Buono!サウンドの土台を作った西川進が久々に編曲を手掛けている。イントロから炸裂する西川節全開のギターフレーズ。生粋のJ-POPクリエイター・津野と感情直結型ギタリスト・西川という布陣はロックファンにとっても垂涎の組み合わせだろう。

■ロックアイドルであり、正統派アイドルであるBuono!

 ビジュアルワークにモッズのターゲットマークやユニオンジャックなどのブリティッシュなモチーフを多く用いたり、Buono!の掲げる“ロックアイドル”アイコンは多岐にわたるが、音楽性とサウンドにおいて、西川進のブリティッシュ・ロックスタイルのギターとサウンドプロダクトによる貢献度は大きい。レッド・ツェッペリンのオマージュをふんだんに盛り込んだ「ロッタラ ロッタラ」(2008年)は、Jアイドルポップスとブリティッシュ・ロックの融合として、西川の数多いアレンジワークスの中でも代表曲のひとつとしてあげられている。

 Buono!はバックバンド“Dolce”を従えたライブを行うことで知られており、当時としては画期的な試みでもあった。今でこそバックバンドをつけるアイドルグループも珍しくはないが、他と少し違うのは単に「アイドルがロックをやる」わけではないということである。Buono!楽曲の基盤となっているのは王道のガールズ・ポップスであり、男勝りのロック的なカッコよさよりもアイドルとしてのガーリーな可愛さを表す要素のほうが多い。“ロックアイドル”とはいっても、「アイドルがロックナンバーを歌う」というより、先述の「ロッタラロッタラ」しかり、「アイドルソングをロック調にする」といった趣のほうが強い。ライブでは、もちろん生バンドならではの臨場感とアグッレシブなパフォーマンスを繰り広げるわけだが、きらびやかな衣装を纏って華のある振り付けで歌う、といった正統派アイドルの姿とのバランスを大事にしている。それは、オケを使用したアイドルモードの前半からの生バンド演奏によるロックモードの後半、といったワンマンライブの構成にも現れている。

■Buono!とブドーカン

 ニューシングルのもう1曲「ロックの聖地」は、人気曲「ロックの神様」(2008年)のアンサーソングである。〈小さなステージでも あたしたちにはブドーカン〉と、Buono!の3人をアマチュアのロックバンドになぞらえ、“ロックアイドル”としてのテーマ性の原点ともいえる楽曲「ロックの神様」の応えが、10代から大人のオンナになったBuono!から届けられた。ファンなら思わずニヤリとしてしまう、往年曲の珠玉フレーズの数々が随所に散りばめられており、この遊び心もこれまでBuono!楽曲を数多くを手掛けてきた西川ワークスの為せる業だ。

 また、アイドルが多数出演するイベントにハロプロのグループが出演すること自体がまだほとんどなかった2012年には、指原莉乃プロデュース『第一回ゆび祭り~アイドル臨時総会~』に参加し、話題となった。鈴木愛理が1曲目「初恋サイダー」の歌い出しで会場の空気を一変させたことは、今でもアイドルファンの間で語り草になっている。百花繚乱のアイドルブームを迎え、多様化する音楽性と変化球のある楽曲も多い中で、普遍的なアイドルポップスを実力と経験に裏付けられたスキルで伸びやかに悠々と歌い踊る貫禄のステージは、正統派アイドルの姿として、改めて多くのアイドルへ影響を与えた。

 ハロー!プロジェクト所属ながら、楽曲&音源制作は一貫として外部、という例外のユニットであった、Buono!。つんく♂色の強かった当時のハロプロの中で、それはある種の清涼剤のような存在でもあった。あれから4年、ハロプロも、メンバーを取り巻く環境も大きく変わった。嗣永桃子はBerryz工房からカントリー・ガールズへ活動の場を移し、鈴木愛理は℃-uteの解散を発表したばかりだ。そして夏焼雅はハロプロを離れ、この日に本格始動となる新グループとしての活動も控えている。そんな現在の3人の紡ぎ出すBuono!は、どんなステージを見せてくれるのだろうか。

冬将軍

最終更新:8/25(木) 14:30

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ