ここから本文です

“ブンデス最強FKキッカー”にアトレチコ移籍が浮上! リーガ二強撃破の切り札となるか

Football ZONE web 8/25(木) 19:50配信

レバークーゼンの10番チャルハノールに、“シメオネ軍団”が熱視線

 アトレチコ・マドリードが、“ブンデス最強FKキッカー”と呼ばれるレバークーゼンのトルコ代表MFハカン・チャルハノールを獲得する可能性が浮上している。ドイツ地元紙「キッカー」が報じている。

英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 22歳のチャルハノールは、昨季公式戦46試合に出場し8得点を決めた。無回転、カーブなど様々なバリエーションを誇るFKが武器で、ブンデスリーガ最強キッカーの異名を欲しいままにしている。

 代理人のベカタス・デミルタス氏は、チャルハノールのアトレチコ移籍を検討していることを明かしたという。

「(アトレチコからの)興味は間違いなく存在する。だが、具体的なオファーは届いていない」と語っている。

 チャルハノールは2014-15シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦で、アトレチコから1ゴールを奪うなど、すでにディエゴ・シメオネ監督にその実力を示している。厳格な規律とハードワークを武器にバルセロナ、レアル・マドリードというリーガ二強と拮抗した争いを繰り広げる“シメオネ軍団”は、世界屈指の飛び道具を手にすることができるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/25(木) 19:50

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。