ここから本文です

レアル在籍4年で3度目のCL制覇へ! ベイルが誓う母国カーディフ開催の決勝での連覇達成

Football ZONE web 8/25(木) 20:40配信

UEFA公式サイトで語る 「我々は次の優勝を狙っている」

 レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、今季母国のカーディフで開催されるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝に勝利し、連覇を果たすことに意欲を燃やしている。UEFA公式サイトが報じた。

スペイン紙が選ぶ”銀河系軍団”レアルの「今世紀最低の補強10人」

 ベイルは昨季CL決勝のアトレチコ・マドリード戦にフル出場。PK戦では足を痙攣させながらもキックを成功させ、「ウンデシマ」と呼ばれるレアル通算11度目の欧州制覇に貢献した。「マドリードに来た理由はCLを戦うためで、優勝するためだった」と語る稀代のスピードスターは、移籍1年目の2013-14シーズンにも優勝を経験。「3年で2度の優勝は素晴らしい達成だ」と語るベイルは、「今、我々は次の優勝を狙っている」とレアル在籍4シーズンで3度目のビッグイヤー獲得を視野に入れているようだ

「(今季)自分の故郷でCL決勝が行われることで、よりモチベーションが高まる」

そう語るベイルは、昨季終盤から好調をキープしており、CL制覇後に行われた欧州選手権フランス大会ではグループステージで3戦連続ゴールを奪うなど、伏兵ウェールズ代表を4強に導く大活躍を見せた。

リーガ開幕戦で2得点と最高のスタート

「素晴らしいシーズンだった。CLで優勝した後、欧州選手権でウェールズとともに最高の仕事ができた。僕のキャリア、そして人生で2つの最高の瞬間だったんだ」

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、フランス代表FWカリム・ベンゼマら主力を欠いて臨んだ21日のレアル・ソシエダとのリーガ開幕戦では、2ゴールを奪って3-0勝利に貢献。母国で自身3度目の欧州制覇を果たすべく、ベイルは最高のスタートを切った。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/25(木) 22:38

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。