ここから本文です

イケメン声優×アニメ映画の時代が来た!? 『聲の形』豊永利行、『君の名は。』島崎信長らに注目

リアルサウンド 8/25(木) 18:00配信

 アニメ大国日本。日本のアニメは、海外からも高く評価され、全世界に熱狂的なファンがいるほど人気だ。日本を訪れた外国人に直撃取材を行うドキュメントバラエティ『Youは何しに日本へ?』(テレビ東京)では、“ポケモンセンター”に行くためにイギリスから来日した兄弟や、アニソン界を代表する実力派シンガーたちによるグループ“JAM Project”のライブを観にブラジルから来た女性などが取り上げられていたこともある。彼らは、目がキラキラと輝いており、興奮とともに心から楽しんでいる姿が印象的だった。

 そんな世界的にも人気がある日本のアニメにおいて、キャラクターに息を吹き込む声優はなくてはならない存在である。女優や俳優、お笑い芸人などが起用されることも多い近年、声優を本業とするいわば“プロ声優”は、彼らならではの説得力や魅力を持つ。また、声優たちの活躍の場は近年広がっており、ラジオやテレビへの出演をはじめ、ナレーター、歌手として目にすることも少なくない。以前はイメージの問題などもあってか、声優自身が公の場に姿を現すことはあまりなかったが、近年は積極的に露出しているように思える。“声”だけではなく、声優自身のキャラクターやビジュアルも含めて愛され始めているのだ。そこで、今年公開されるアニメ映画とともに、今注目の“イケメン声優”を紹介したい。

■『聲の形』真柴智役・豊永利行
 9月17日に公開される映画『聲の形』で真柴智の声優を務める。『聲の形』は、第19回「手塚治虫文化賞」新生賞を受賞した大今良時による同名ベストセラーコミックを、『映画 けいおん!』などで知られる京都アニメーション制作により映画化した青春映画。豊永が演じる真柴智は、主人公・石田将也のクラスメイトで、あることがキッカケで石田将也に興味を持ち仲良くなる。頭がよく目立つイケメンだが、いじめられっ子だった過去を持つというキャラクターだ。

 豊永は、テレビアニメ『デュラララ!!』の竜ヶ峰帝人や、『文豪ストレイドッグス』の谷崎潤一郎、『東京喰種トーキョーグール』の永近英良、『神々の悪戯』の戸塚尊などの声優を担当。まさか同一人物がやっているとは思えないほど、演じるキャラクターによって声が変化する。例えば、先述した『デュラララ!!』の竜ヶ峰帝人と『神々の悪戯』の戸塚尊。竜ヶ峰帝人は、一見普通の高校生だが、“非日常”への憧れが人一倍強く、常軌を逸した面を持つ。普段は大人しく落ち着いており、高めの声と優しい口調で淡々と話す。一方の戸塚尊は、気性が荒くケンカっ早い部分があり、ハスキーボイスと強めの口調で攻撃的に話す。ハッキリとした性格で、自分が認めている相手に対しては懐が深く、典型的なツンデレだ。そんな真逆とも言えるキャラクターの声を違和感なく演じており、どのキャラクターもそのキャラクターだけのオリジナルな声になっているのだ。

 また、豊永は『デュラララ!!×2 転』のオープニングテーマなど、作詞作曲含めた歌手活動もおこなっている。力強くもありセクシーな歌声と、癖になるサウンドを生む音楽センスもまた、魅力のひとつだ。

 『聲の形』でも、豊永の“声”で、真柴智というキャラクターの個性を存分に引き出してくれるに違いない。人気声優の入野自由や小野賢章らが出演するのも注目だ。

■『君の名は。』藤井司役・島崎信長
 8月26日に公開される映画『君の名は。』は、新海誠が手がけた長編アニメーション映画。“夢のなかで入れ替わる”少年と少女、東京に住む男子高校生・立花瀧と田舎で暮らす女子高校生・宮水三葉の恋と奇跡を描く。島崎が声優を担当する藤井司は、主人公・立花瀧の高校の友人で、瀧と同じく建築に興味があり、クールに見えるが意外と世話好きな一面を持つキャラクターだ。

 島崎は、テレビアニメ『俺物語!!』の砂川誠、『好きっていいなよ。』の中西健志、『寄生獣 セイの格率』の泉新一、『Free!』の七瀬遙などの声優を務めてきた。クール系男子の役柄が多く、島崎の男らしい低く落ち着いた“イケメンボイス”で、キャラクターがより一層かっこよく魅力的になるのだ。

 また、島崎自身の爽やかなルックスと愛らしい笑顔も人気の理由のひとつとなっている。イベント、ラジオ、テレビ番組などでも活躍している島崎。そこで彼が垣間見せる、真っ直ぐで礼儀正しい人柄や、極度の天然ボケというギャップが、世の女性たちの間で“可愛い”と話題になり、多くの人々の心をつかんでいる。

 『君の名は。』でも、島崎は自身が得意とするクールで落ち着いたキャラクターの声を担当するため、物語に溶け込んだ現実味溢れる藤井司を作り上げてくれるに違いない。島崎演じる藤井司と、人気声優・石川界人演じる高木真太との掛け合いにも期待したい。

 先述した2作品のほかにも、10月14日公開の『GANTZ:O』で、メインキャストの加藤勝と玄野計の声をそれぞれ担当する小野大輔と梶裕貴をはじめ、イケメン声優として名高い梅原裕一郎、蒼井翔太、花江夏樹らの今後の活動にも注目していきたい。

戸塚安友奈

最終更新:8/25(木) 18:03

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。