ここから本文です

EUROで不満分子となったカシージャス 新生スペイン代表にコーチとして入閣か

Football ZONE web 8/25(木) 22:10配信

ポルトで指導を受けたロペテギ監督と会談 就任を要請か

 ポルトのスペイン代表GKイケル・カシージャスが、フレン・ロペテギ新監督が就任したスペイン代表にアシスタントコーチとして入閣する可能性が浮上している。スペイン地元紙「マルカ」が報じた。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 カシージャスはベスト16でイタリアに敗退し、3連覇を逃した欧州選手権フランス大会で、レギュラーの座をマンチェスター・ユナイテッドのGKダビド・デ・ヘアに奪われた。ビセンテ・デル・ボスケ前監督は、カシージャスが監督やコーチングスタッフに敵意をむき出しにし、無視していた事実を地元メディアに暴露すると、スペインでは大きな問題となっていた。

 ロペテギ監督はスペイン代表を率いる前には、ポルトでカシージャスを指導していた。2人はすでにポルトで会談を持ち、カシージャスのアシスタントコーチ就任の可能性について話し合ったという。

 レアル・マドリード時代は“聖イケル”と呼ばれた守護神だが、近年は監督とのトラブルなどが話題になっている。無敵艦隊の正GKの座はデ・ヘアに移った。新時代のスペイン代表で、カシージャスはロペテギ監督の補佐役を務めることになるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/25(木) 22:10

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。