ここから本文です

伊産の逸材ベラルディ、遂に真実を告白「小さい頃はインテルを応援していた」

フットボールチャンネル 8/25(木) 11:40配信

 サッスオーロに所属するイタリアU-21代表FWドメニコ・ベラルディが遂に真実を告白した。24日に伊メディア『スカイ・スポルト』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 ベラルディは、イタリア代表の将来を担うとされている才能の持ち主だ。実際、22歳ながらセリエAで138試合に出場してすでに54得点を決めている。ユベントスとインテルがベラルディの獲得を巡って争奪戦を繰り広げており、今夏に両クラブが火花を散らした。しかし結局本人がチームへの残留を望み、争奪戦は来季以降に持ち越されている。

 ユベントスはこれまで何度もベラルディの獲得に乗り出したが、同選手は誘いに一度も乗らなかった。以前からユベントスの宿敵であるインテルのファンだと言われている。そして、遂に本人が真実を明かした。

「昔からユベントスのスカウティングが何としてでも僕をクラブへ連れて行こうとしていたよ。だけど僕はまだあまりにも小さかったから、当時プレーしていたカラブリア州のクラブに残ることにしたんだ」と過去を振り替えると、「僕は小さい頃にインテルを応援していた」と告白。以前からの噂を裏付けた。

 ベラルディの将来は未だ不透明だ。来季以降もユベントスとインテルが獲得を狙って争奪戦を繰り広げられるとみられており、獲得にはすでにユベントスが予め提示した2500万ユーロ(約28億円)以上の金額が必要になると報じられている。

 すでに自身初となるヨーロッパリーグで4得点を決めたベラルディ。今季の活躍次第では、国内だけではなく国外のビッグクラブも獲得に動きだすかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:8/25(木) 11:47

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。