ここから本文です

イタリア地震、ユーベ監督が慈善活動に着手。会食権とVIP席を競売に

フットボールチャンネル 8/25(木) 12:00配信

 ユベントス指揮官のマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、現地時間24日未明にイタリア中部を襲った地震の被災者へ資金援助をするためのイニシアチブを取った。伊紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 24日未明にイタリア中部で発生したマグニチュード(M)6級の地震で、これまでに少なくとも159人が死亡、368人が負傷した。この地震により震源地近くの山岳部にある村々で多くの建物が崩壊し、現在も不特定数の人々ががれきの下敷きになっているとみられている。

 これを受けて、ユベントスのアッレグリ監督が地震の被災者へ資金援助をするための慈善活動に着手。同監督は、自身のツイッターに「一晩で全てを失った被災者たちへ。言葉なんて何の役にも立たない。彼らを助けよう」とコメント。

 アッレグリ監督は慈善団体に収益を寄付するために設けられた有名人との会食やイベントに参加する権利をオークションにかける協会『チャリティースターズ・イタリー』と接触し、「共に被災者を助けたいかい? @チャリティースターズで私とディナーをする権利とユベントス・スタジアムの私の“スカイ・ボックス”(VIPのためのラウンジ)の2席をオークションにかけた!」と再びツイッターで資金援助を訴えた。

 オークションの締切日は、ディナー・チャリティー・オークションが4日後、そしてユベントスのチャンピオンズリーグ初戦のスカイ・ボックス・オークションが10日後となっている。

 イタリア中部を突如闇に葬った大地震。現在もまだ捜索活動が行われている中で、アッレグリ監督に限らず多くの人々が被災者のための慈善活動を行っている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/25(木) 12:04

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。